現役テロッパーが教える動画作成のテロップのコツ

記事
写真・動画
 初めまして、ひなっけんです。私は、ポストプロダクションでテロッパーとして2年目を迎えました。担当している番組は食べ物の通販番組がメインです。そんな私が2年間で学んだテロップの事、サムネイルの作り方などを発信できたらと思っております。

 皆さん、テロップという言葉からイメージするのは、コメントフォローというテロップではないですか?そう、出演者が喋った時に出てくるあれです。

コメントフォロー2.png
 こんな感じのやつですね!きっと見覚えがあると思います。ですが、テロップには、実はもっといっぱい種類があるんです。どれくらい、あなたは知っていますか?実は、下の画像くらいの種類があるんですよ!!
テロップの魔法.png

 そんなテロップの役割や工夫を知るだけで、あなたの動画の見やすさが5倍くらい変わると思います。今回の有料部分では、テロップの紹介やプロが現場でやっている工夫をふんだんにご紹介したいと思います。

テロップの種類

 テロップには大きく分けて8種類あります。そのなかで、作り物といわれる非常に凝った演出になることが多い①タイトルスーパー、②トビラ、一般的にテロップと言われてイメージする③サイドスーパー、④コメントフォロー、⑤煽りスーパー、そして業界では当たり前に使われているが、趣味で作っている人の動画では抜けがちな⑥突っ込みスーパー⑦情報(説明)スーパー、⑧その他(名前、場所、時間など)があります。

①タイトルスーパー
 まずは、①タイトルスーパーについてです。タイトルスーパーはその名の通り番組タイトルが明記されていて、派手な装飾がつくことが多いです。タイトルロゴはこれからこの番組が始まりますよというのを視聴者に意識させるうえで非常に重要な役割を持ちます。基本的には、YouTubeのサムネイル作成とあまり変わりありません。下のような画像のやつです。

テロップの魔法 サムネイル用.png

②トビラ
②トビラ、と聞いてピンとくる方は少ないのではないでしょうか?これは長尺のバラエティー番組などでよく使われる手法です。タイトル以外の取り切りスーパーの事をこのように呼びます。シンプルなやつは、画面センターに文字だけ出てくるやつとかです。
 役割としては、場面の切り替えであったり、高揚感を誘うための演出ですね。挟み込むテロップのコツはシンプル過ぎず、派手過ぎずを意識するとよいと思います。長尺の動画に使ってやると、緩急が出て画が引き締まるので、画が間延びするなという方にはおすすめのテクニックです。

③サイドスーパー
 次に③サイドスーパーについて説明します。これは元々リモコンでチャンネルをカチャカチャ変えるザッピングと呼ばれる行為を防止するために作られたものです。この番組の今の主題は○○ですよというのを視聴者に伝えるのが役割ですね。画面の右上に常時表示されることが多いです下のようなイメージですね。

サイド2.png

④コメントフォロー
④コメントフォロー、これは先ほど紹介したやつです。名前の通り、コメントを文字化したものです。大切なのは、基本にするフォント、サイズ、エッジ、色使い、強調のパターンは決めておくことですかね。
コメントフォロー3.png
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:6,585文字 / 画像38枚
 現役テロッパーが教える動画作成のテ... 記事
写真・動画
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す