「心」について学ぶこと

記事
学び
こんにちは、そらです!


いつもココナラやTwitterでお世話になっています。


突然ですが、皆さんは「心」について学んだ経験ってありますか?


心について学ぶ?


疑問に思われた方がほとんどなのではないでしょうか。


心について学ぶとは、心が苦しくならないための、


<予防>


そして、心が苦しくなってからの、


<回復>


について学ぶことです。


あ〜、そういう類のものは学んできたことなかったな。そもそも学校で学ばないでしょ?


という方がほとんどなのではないでしょうか?



実は令和4年度から、日本にいるすべての高校生が、保健体育の時間に「精神疾患の予防と回復」という名目で心に関する授業を受けることが決まっています。


具体的には、高等学校学習指導要領の改訂により、令和 4 年度から全ての高校生が「精神疾患の予防と回復」について学ぶ機会を得ることになりました。


この高等学校学習指導要領によると、高校生たちが、うつ病、統合失調症、不安症、摂食障害に関して、具体名を挙げて理解できるように指導することが求められています。

うつ病、統合失調症などの精神疾患は誰もがかかりえるものです。


こうした疾患の症状に早めに気づき、病院やカウンセリングなどの専門機関を利用して早めに対処することは、回復にとってはもちろん、その人の生活の予後に良いとされています。

ちなみに、教科書に精神疾患名ならびにその症状や対処が記載されることは 40 年ぶりだそうです。今の指導要領にも「精神の健康」といった言葉はありますが、「精神疾患」という言葉はありません。


私は普段、心理カウンセラーの仕事をしています。


教育現場や医療現場で、カウンセリング、心理検査、コンサルテーション...様々な業務をこなしています。


なのでこの度、高等学校学習指導要領に「精神疾患の予防と回復」が追加されたことは、仕事で心を扱っているも者として、非常にうれしく思います。


そして、私たち心理に携わる人間は、情報発信や実施の支援にあたるなど、より柔軟かつ迅速な動きがもとめられていくと思います。


今後もココナラやTwitterで情報発信をしていきますので、心の<予防>と<回復>について、皆さんと一緒に学ばせてください!


以上、初めてのココナラブログでした!
読んでいただきありがとうございました♪( ´θ`)


Twitterで毎日情報発信中♪
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す