ストレスとは

記事
学び
生きていれば誰でもストレスを抱えます。ストレスがないという人でも、気にしていないだけでストレスはかかっています。

ストレスを
■ストレッサー
■ストレス反応
この二つに分けて考えてみましょう。

ストレッサーとは、自分にストレスを与える環境的要因を言います。例えば仕事の量が多すぎる、会社の人間(上司)からモラハラにあっている、母親とうまくいかないなどです。

ストレス反応とは、ストレッサーに対してあなたの心身に起こる様々な反応のことです。例えば涙が出る、起き上がれない、冷汗が出る、胸がドキドキする、楽しくない、虚しいなどです。

これらのストレス体験をどうしたらいいのでしょうか?

まずはあなたの外側で起きている出来事(ストレッサー)を言語化してみましょう。
大切なのはまずは自分のストレスを自覚することです。それに対して意図的に対処する方法を考えて自分を守り助けることを行っていきます。




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す