誰でもできるクローゼットの片付け方

記事
ライフスタイル
クローゼットの片付け方

目的・目標の設定
モノを全部出す

不要なモノを手放す・適正量の決定


残ったモノを分類・グルーピング


収納を考える

↓

収納する

目的・目標の設定

austin-distel-wD1LRb9OeEo-unsplash.jpg

クローゼットの中を整理するときは、目的をしっかり決めておきましょう。
例えば
「子供が自分で着替えられるようになる」
「兄弟の服が混ざらないようにしたい」
「趣味のものも入れておきたい」のような感じです。

自分のライフスタイル、改善したいポイントを明確にしたら、片付けのスタートです。

全部出す、不要なモノを手放す・適正量の決定

piotr-szulawski-XjR-Y8PKeww-unsplash.jpg

まずはクローゼットの中のモノを全部出してみましょう。
クローゼットの中身が空っぽになったことを確認したら、必要なモノと不必要なモノを決めていきます。
モノとしっかり向き合いながら行っていきましょう。

不必要な服でも、捨ててしまう服・売れる服・誰かにあげる服などにも分けていくと良いかもしれません。
これで自分の必要なモノだけが残った状態になりました。
この枚数が、あなたにとっての適正量です。
この枚数を知っておけば、それ以上増やさずに心がけることができます。



残ったモノを分類・グルーピング

pinho-GCAnKZM21_c-unsplash.jpg

必要なモノだけが残ったら、次は分類していきます。
服には、春夏秋冬着る服が違います。
大きく分けて三つ、オンシーズンオフシーズンオールシーズンに分けていきましょう。
さらにその後、使用頻度別に分けていきましょう。
分類することで、より使いやすく、しまいやすくなります。

次に、グルーピングをします。


収納を考える

tingey-injury-law-firm-9SKhDFnw4c4-unsplash.jpg

分類、グルーピングは終わったら、クローゼットの中にどう収納していくか考えていきます。
ここで、目的・目標をきっちりおさらいしてやっていきましょう。
何をどこに置いたら自分にとって使いやすいかを考えます。
そして、空っぽのクローゼットの中をメジャーなどで測って、最適な収納グッズを選びます。
新しく用意してもいいのですが、なるべく今あるものを活用して見てください。


クローゼットに収納

zoe-van-poetsprins-nl-x5-tEdHLqRo-unsplash.jpg

考えた位置に収納をしていきましょう。
オフシーズンは奥に、オンシーズンは手前に収納しましょう。
また、服を畳むときには立てて畳んで、並べてケースにしまっていきます。
立てて畳んで並べることで、全部の服が見渡せ、服が選びやすくなります。

さらに、ケースには ラベリング をして、何がどこに入ってるか一目でわかるようにするとなお良いでしょう。



まとめ


モノを全部出す


不要なモノを手放す・適正量の決定

↓

残ったモノを分類・グルーピング

↓

収納を考える

↓

収納する

クローゼットの中が整理整頓されていると、それだけで日々の服選びや出し入れが楽になりストレスが減ります。
片付けはライフスタイルによって非常にさまざまなやり方が出てきます。

しかし流れは一緒です。
不要なモノを取り除き、適正量を知る。そして分類して収納していく。
あとはどんな収納グッズを使って、どのように収納していくかが重要なポイントになってきます。

各項目をより詳しく、そして自身のライフスタイルに合わせた収納を知りたい方はこちらまで↓↓
また、片付けのサービスを提供しています。




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す