転職にあたり考えるべき4つのファクター

記事
ビジネス・マーケティング


desk-3606980_640.jpg

今の20代の会社員は、本当にたくさんの転職先の
選択が用意され、

結果、何を仕事に選んだらよいのかわからない
という若者が激増しています。


そして、した方が良い転職はをせず、不幸な転職で
苦しむ人を数多く見てきています。


その多くは、20代後半、下手をすると30代に入ってから
突然、今までの経験と全く違う仕事をしたいと言い出す人です。

startup-593341_640.jpg

このような人たちは、「自分は何の仕事がしたいかわからない
でも、今の仕事では幸せになれる気がしない」
と考える人たちです。

なぜ、20代後半、勤続8年以上も過ぎてこのような悩みが
出てくるのでしょうか。

それは、日本の社会そのものに原因があります。今まで私たちは、良い大学に入り、大きな会社に行くことを
目標に育てられました。

そして、終身雇用のもと、年功序列で昇格をし、大学を出ていれば
ほとんどのメンバーが管理職には、昇進ができ、まずまずの
暮らしが出来てきたからです。

だから、いざ転職を考えたとき「自分のやりたい仕事が」
わからないのです。

私自身も、そういう教育を受けて育った一人です。
有名大学を卒業し、大手企業で務めた父親のもと
何不自由なく育ち、
私も、有名大学に入学し、大企業に就職しました。
完全にひかれたレール乗った人生です。

figures-1372458_640.jpg

ところが、突然会社へ行くのがいやになり、
毎日が仕事をしていても楽しくない。
毎日がつらくて仕方がない。

幸せじゃないと考えたとき
「自分はどんな仕事についたら幸せになれるのか」
ということになるのです。

では、ハッピーに働くにはどうしたらいいのでしょうか
答えは、仕事を決める4つのファクターに自分を当てはめ
分析をしてみて下さい。


難しそうに言いましたが、簡単なことです。
・収入
・時間
・やりがい
・会社での人間関係
この4つです。


1個ぐらい50点があっても、他が80点ならやめたいと思う人は
ほとんどいません。


この不満だけを解消したいという人は、
業種・職種を変えずに転職をした方がよいでしょう。
逆い言えば、ここの点数が高い人ほど、キャリアが高いという
ことになります。

いろいろな会社から「うちの会社にきてくれない」と言われる
いわれるようなキャリアなのです。

couple-5371872_640.jpg


そして、最後に言いたいことは、給与より好きな仕事を優先して
転職をして頂きたいということです。


将来の展望を考えず、現在の給与だけをみて浅はかな転職をしてしまう
人を沢山みてきていますが、
やはり3年程度で、転職を繰り返し、最後は何も身についてない
転職者たちが多く存在しています。


そのようにならないためにも、4つのファクターに対し
現在の仕事、転職先の仕事の双方から分析をし、


一番幸せにねれる道筋を見つけて下さい。

      就活秘書室 よし太郎

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す