退職金で繰り上げ返済はした方が良いのか?

記事
ライフスタイル
35年の住宅ローンを借りる場合、30歳で家を建てなければ退職後も住宅ローン支払いの心配をしなければなりません。35歳の時に家を買えば5年分、40歳の時に家を買えば10年分のローン支払いをどうするか、考える必要があります。

方法はいくつかあります。
・退職金で一括返済
・退職金は取り崩さず、ローン支払いを続ける
・ローン支払いが続く間は働く

等々、他にも考えられることはあります。このうち、3番目のローン支払いが続く間は働くという選択肢は、出来る限り考えておかない方が良いです。

その理由は、第一に退職時に健康である保証がありません。また、65歳になると、今までの職場は退職しなければならない場合もあると思います。一から新しい仕事をすることは、気持ちの面でもハードルが高いかも知れません。

プランとしては、
①退職金で一括返済する方法
②一括返済せずにローン支払いを続ける方法
どちらかが候補としてあがります。

では、35歳、40歳で35年の住宅ローンを借りた場合、繰り上げ返済した場合としなかった場合、どのくらいの差があるのかをシミュレーションしてみました。

こちらが比較表になります。4500万円、5000万円、5500万円で住宅ローンを借りた場合をシミュレーションしました。金利は0.825%で計算しております。
スライド2.JPG

スライド3.JPG


当然、繰り上げ返済を行った方がメリットは高くなります。ただし、700万円以上の繰り上げ返済を躊躇せずに出来るかは別問題です。確かに退職金が入ったとしても、これだけ大きな金額を一括で支払うのは勇気が必要です。

では、年金額はどれくらいになるのでしょうか?これはあくまで一般的な例となります。それまでの職歴や勤務年数によって変動しますので、個別具体的な金額は試算しなければわかりません。

公務員の方が65歳から年金受給した場合:月額約15万円
上場企業の方が65歳から年金受給した場合:約18万円
※新卒から65歳まで勤務して厚生年金保険料を納めた場合

年金は2カ月に1回しかもらえませんので、家計管理は必要になります。ただ、5500万円までの住宅ローンであれば、年金で住宅ローンは賄えそうです。

生活費で使えるお金は、退職金が手取りで2000万円だった場合、
10年生きるとした場合:月額約16.7万円
20年生きるとした場合:月額約8.3万円

今の生活費と比べていかがでしょうか?子どもが独り立ちして、夫婦二人でこの金額でやっていけるのであれば、貯蓄する必要はありません。ただ、これ以上かかっているのであれば貯蓄か資産運用を行わなければいけません。

何歳まで生きるかは誰にもわからないことです。今回の話は机上の空論なのかもしれませんが、老後の生活をどうしたいか考えるうえでとても重要な話であります。

マイホームを購入する際は、老後の生活も考えたうえで、数パターンのプランを考える必要があります。色々なシミュレーションを行って、どんな場合でも対応できるようにしたいものです。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す