仕事が来る♪SNSのプロフィールを見直す3つのポイント

記事
学び
コツコツ投稿しているのに、フォロワー数も増えてきたのに、仕事じゃないDMは来るのに・・・仕事が来ない!

商品やサービスが売れない…。


そんなとき、「やっぱり好きなことを仕事にするのは難しいな」「求められていることと違うのかな」と、挫けそうになるかもしれません。


しかし、あきらめるのは、まだ早い♪

自分自身が考えている「仕事が来ない理由」「売れない原因」と、実際の原因が違うことはよくあります。


たとえば、
・何をしている人かよくわからない。
・仕事を募集しているように見えない。


自分では「仕事がほしい!!!」と思っているのに、プロフィールを見た人には「何かやっているんだな」「忙しそうだな」という印象を与えてしまっている場合も多いです。

もしかしたら、仕事を頼んでいいのか迷っている人、どこに行けばいいのか迷子になっている人がいるかも…?


そんなすれ違い、うまくいかない状況を改善するために、ぜひ、次の3点を確認してみてください^^

相手と向き合って目的地まで案内することで、自分について知ってもらえて、ほしい仕事も入ってきます♡


SNSのプロフィールを見直す3つのポイント


---
1.誰に向けて書いているのか。
2.流れを止めていないか。
3.否定で終わっていないか。
---


1.誰に向けて書いているのか。


1つ目は、誰が読むことを想定して、書いているか。


もちろん、プロフィールには、自分のことを書いてOKです。

自分は誰なのか、どんなことをしているのか、何を大切にしているのか。


ですが、就職活動のとき、応募先によって自己PRの内容を変えるように、SNSのプロフィールも相手を意識することが重要です。


理想のお客さん、理想の仕事相手は、今どんな状況で、何を求めているのか。

その人が目の前にいたら、どんな言葉で自分自身や自分の仕事について伝えるか。


◎理想のお客さん/仕事相手に向けて書く。

96.talk.png


相手のために、自分が変わる必要はありません。

軸は、自分で大丈夫です。


やりたいことや自分の夢をあきらめなくて大丈夫。

自分のやっていること、自分の魅力を、相手に伝わる言葉で書くことが大切です。


相手を意識してプロフィールを書いて、目的を持ってSNSの投稿を続けることで、理想のお客さんが集まってきて、理想の仕事が入ってくる好循環が生まれます♡


2.流れを止めていないか。


2つ目は、訪問者の流れを止めていないか。

自分の仕事や「来てほしい場所」まで、お客さんを誘導できているか。


◎目的地まで案内する。

プロフィールを見に来てくれた人は、何か知りたいことがあって、プロフィールを読んでいるはず。


SNSの投稿を見て、
・この人はどんな人だろう?
・何をしている人なのかな?
・これはどこかで売っているのかな?

96.way.png


プロフィールを見てくれた人が「読みにくい」「よくわからない」「知りたいことが書いてない」…と離脱してしまわないためには、相手が知りたいことをシンプルに書くことが大切です。


そして、仕事につなげるためには、目的地まで案内することが大事^^

途中で相手を放置したり、「どうすればいいのか」考えさせたりしないこと。


プロフィールの書き方は、「絶対こうじゃないといけない」ということはありません。

自分のゴール(こんな仕事をする、これを見てもらう、ここに来てもらう…など)を決めて、相手を連れていってください♪


たとえば、

---
名前/職業名
こんなことやってます。
仕事の依頼はこちらまで。
リンク
---

---
ブランド名
ミッション(例:~のために・・・をしています)
実績や活動内容、予告など。
URL
---


ゴールは、「こんな仕事の依頼をもらう」「LINEスタンプを買ってもらう」「YouTubeチャンネルに登録してもらう」「ウェブサイトに来てポートフォリオを見てもらう」など、何でもOK!

相手の知りたいことを意識しながら、「自分は誰か」「何ができるか」を伝えて目的地に案内すれば、お客さんも自分もハッピーになれます♪


3.否定で終わっていないか。


3つ目に見直したいことは、プロフィールが「否定」で終わっていないか。


同じような質問やDMがたくさん来ると、プロフィールに「~はしていません」「◯◯はできないです」「△△の受付休止中」のような言葉を入れたくなりますよね。

こういったことを書いちゃダメってことではないんです。


しかし、否定で終わってしまうと、前向きな行動の妨げになる可能性があります。

自分では意図していなくても、相手との間に壁をつくってしまったり、拒否感や「忙しそう」という印象を与えてしまったりするかもしれません。


その下にリンクが貼ってあっても、プロフィールが否定で終わっていると、リンクのクリック率が下がる傾向も見られます。

「していない」「今はできない」ことを書く代わりに、「何をしているか」具体的に書くほうが仕事につながりやすいです。


場合によっては注意書きが必要かもしれませんが、できるだけ、自分のお客さんに向けてプロフィール欄を使うことをおすすめします♡

96.bio_tips.jpg

こちらの記事も人気です♪

【最新の有料ブログ】

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す