【大人の英語学習】誰に習うのがベスト?

記事
学び
1人で勉強してもなかなか伸びないとき、誰かに習ったらぐんと伸びることがあります。

一方で、相性が悪いとやる気を失ったり、自分の目標と違うほうへ行ってしまったりします。


では、どうしたら「ベストな先生」に出会えるかというと…

◎自分がほしいものを確認することが大事。


・自分がほしい結果は?
・自分がほしいサポートは?


自分はどうなりたいのか、今どんなことで困っているのか。

英語を学ぶ目的や目標をはっきりさせておくことで、自分にとって最適な相手を見つけることができます^^


誰に習うか、どこで学ぶかは自分で選ぶ♡


世のなかにあふれている広告やキャッチコピーは、

「これは自分に必要なんじゃないか!?」
「これをやれば、自分もできるようになるかも!!」

と感じさせるものばかり…!


まわりの情報にふり回されないためには、一度立ち止まって自分自身と向き合うことが大事。

すべての人に合う勉強法や1つの答えはないので、現状や目標、自分が本当にほしいものを確認することが大切です。


「自分がほしい結果」を確認する。


英語を身につけて何をしたいか、どうなりたいか。

どんな未来のために、英語を勉強するのか。


まだ細かいことが決まっていなくても、ざっくりした目標でも大丈夫です^^


たとえば、海外に住むため、世界一周旅行をするため。

もっと詳しい目標がある人は、「どこの会社に応募するため、いつまでにTOEICでスコア◯◯以上とる」など、期限や数字まで決めてもOK!


「自分はどうしたいか」「どうなりたいか」を明確にしておくことが大切です。


「自分がほしいサポート」を確認する。


英語を勉強するとき、

「ネイティブから習ったほうがいい」
「日本人に教えてもらったほうがわかりやすい」

などなど、いろんな意見がありますよね。


◎今の自分にとって、必要なことは何か。

自分の目標を達成するため、英語上達のために重要なことは何か。


・日記の添削。
・対面での発音指導。
・TOEICのスコアアップ。
・ビジネス英会話の実践練習。


どんなサポートを受けたいかによって、誰に習うべきかは変わってきます。

また、「英語」そのものの勉強よりも、海外移住の相談にのってほしい、ビザ取得のサポートをしてほしいと考えている人もいますよね。


最短で「できる」ようになるためには、はじめに自分のゴールを確認すること。

まわりの「こうすべき」に惑わされず、自分のゴールに向かって進んでいけば、どんどん力がついてきます^^


52.support.jpg


---
英語を習得して、何をしたいんだっけ…?

自分の「こうなりたい」「こうしたい」を後回しにしないことが大切です♪
---


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す