心身が改善・向上した実践的手法

記事
ライフスタイル
1人が購入しています
user
Conbo
1人が購入しています
 有料ブログで恐縮です。その理由は、ここで得た費用を,本ブログで記載しているホルモンコントロール法の研究や、私と同じようにうつ病などで悩んでいる方に対する活動費に割り当てたいためです。ご了承ください。

はじめに

 過去ブログ(エンジニアのうつ病と復帰)にも書きましたが,私はうつ病でした。そこから復帰し,以前よりも心も体もとても満ち足りる状態まで向上させることができました。ここでは実践した方法についてご紹介したいと思います。うつっぽい方だけでなく,体力,気力ともに不足を感じている方にも是非実践していただきたいです。
 日々の生活でいろんなことに直面し、人にいろんなことを言われ、心が削られる思いをすることがあるかと思います。だんだんそれが重なってくると、ネガティブになり、ひとつのネガティブな感情が頭の中をぐるぐるとめぐり、なにもやる気が起きなくなってくると思います。鬱は誰しもがなる病気です。あなただけではありません。鬱のことを他人に話せば、自分が弱い人間だと思われたりすると考え、なかなか自分を曝け出せない、自分の中だけに閉じこもり、ネガティブな感情に囚われてしまいます。どんなに屈強な人でも鬱病にはなることはあるのです。絶対に恥ずかしいことではないです。
 過去のブログにも書きましたが、人間の感情は、外部環境と、内的要因(体内のホルモン)に左右されていると考えました。ここでお話するのは、内的要因であるホルモンの調整についてです。ホルモンによる影響は、女性の生理前後に感情の起伏がおこったりするPMS(月経前症候群)などがあるように、人間の体内物質であるホルモンが人間の脳を左右し、感情を変化させることをいいます。外部環境を自分で思うようにコントロールすることはできないため、ホルモンをコントロールすることで、自分のネガティブな感情を消すことができるのではないか?と考えました。
 この手法でうつ病まではいかないにしても、心身を崩しがちだった同期や後輩に進めたところ、2~3週間ぐらいで心身が改善し、今まで以上に動けるようになったと好評でした。ただし、自分も含め、男性での知見しかないため、女性に効果があるかは今のところ不明です。

 この取り組みによって、今どういう状態になっているかというと、
・ ひと目を気にすることがなくなった(初めて1ヶ月ぐらいで効果あり)
・ 意見を堂々と言えるようになった。言って失敗したと思うことがなくなった。
・ 筋肉が増えて、体格が見違えるようになった。体脂肪率は19%→13%に減少。もともと筋肉質ではあったのですが、現在はボクサーのようだねと言われます。
・ 活動的になり、仕事以外にもボランティアや論文の査読活動が増えた
・ こんなこと言うのもなんですが、正直モテるようになった(既婚者ですが、告白されることが多々ありました。もちろん丁重にお断りしました。妻には内緒です。)

 これから私が取り組んだ改善方法をご説明していきます。約7000字とちょっと長いかもしれません。取り組みに対する効果が世の中で実績があるか調べ,引用文献も記載しております。

 焦らずに少しずつでいいです。取り組んでみてください。取り組んでいくと、自然となにかにチャレンジしてみようと思うことが出てくると思います。そしたらしめたもの。改善に向かっています。
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:8,398文字 / 画像1枚
心身が改善・向上した実践的手法 記事
ライフスタイル
500円 1人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す