短編シナリオ「亡霊の宴」

記事
小説

人物

秋本竜次(33)出版社社員
土井昇(34)秋本の同僚
TVアナウンサー

◯出版社編集部(夜)
   大勢の社員たちが忙しく働いている。
   各々のデスクうの上は乱雑に積み上げられた書類でいっぱいだ。壁にかけられたTVからはニュースが流れている。
   デスクで原稿をチェックしている秋本竜次(33)。
   ニヤッとして
秋本「(呟く)滝さんらしいなあ」
   と怪訝な顔で鼻をクンクンさせて周りを見る。
   TVからアナウンサーがニュース速報をしている。
TVアナウンサー「今日夕方、東京都板橋区に住む作家、滝田一郎氏とその家 族の遺体が自宅で発見されました」
   秋本、TV画面を見て固まっている。
   チェック中の原稿に ”滝田一郎” のサイン。
TVアナウンサー「警察関係者によりますと、発見時滝田氏は首を吊った状で 、他の3人は逆さ吊り状態であり、4人の手首は切られていました。更に、 体内の血液が一滴残らず抜き取られていたとの事です。死後一週間以上経っ ている模様。警察は何らかの事件に巻き込まれた可能性もあるとして調査を すすめています」
   土井昇(34)が秋本のもとへ駆け寄る。
土井「滝さんの担当ってお前だったよな」
   秋本、TV画面を見ながらうなずき、ハッとして机の上の書類の山をが   さがさ探りだす。
土井「お、おい。どうした?」
秋本「あった」
   と書類の山から茶封筒を引っ張り出す。
   土井、茶封筒と秋山を交互に見る。
   秋山、茶封筒に手を突っ込んで万年筆を取り出して、机の上に置く。
   秋本、万年筆を見たまま土井に茶封筒を渡す。
   土井、神妙な面で秋本と茶封筒、万年筆を見てから、茶封筒の宛名と消   印を確認する。
   茶封筒の消印は4月21日。
   土井、頭を掻きながら秋本を見る。
秋本「今日は4月23日だ」
土井「はあ、23日か。・・・え?」
   土井、驚き
土井「(大声で)え?」
   と茶封筒を見る。
秋本「俺も・・さっきまで全くわからなかった。ただ、作家がペンを手放すってことくらいは相当な覚悟だってのは知ってたけど・・・待てよ」
   土井、呆然としてる。
   秋本、チェック中の原稿用紙をめくり直し始める。原稿に鼻を近づけてクンクンしたりする。
   と秋本の目が大きく開く。
秋本の声「おい」
   土井、呆然としてる。
秋本の声「(きつく)土井!」
   土井、ビクッとして秋山を見る。
   秋本、原稿を手にしながら
秋本「ここの匂いを嗅いで見てくれないか」
   と土井に原稿を近づける。
   土井、原稿に鼻を近づけると、ウッとして原稿から顔を背ける。
土井「何だこの匂い。インクじゃねぇ」
   秋本、頷いて
秋本「今まで気つかなかった。原稿の途中から字の色が違うことには気    づいたんだが」
   と原稿を指しながら
秋本「ここの ”救急車が” まではダークブルーなんだが、直ぐあとの”私を連 れて帰る” からは茶褐色になっている」
土井「これって、つまり・・」
秋本「茶褐色の文字。匂いといい色といい、これはインクでなく血で書かれ  た文字だ」
   土井、口を半開きで固まる。

◯出版社編集部
  大勢の社員たちが忙しく働いている。
  その中で秋本もデスクに向かい仕事をしている。
  秋本のデスクの端に新聞が乗っている。
  新聞記事 見出しに ”板橋区作家一家猟奇事件” 。
  記事文に ” 編集部へ送られた原稿には4人の血液で書かれた文章もあっ  た。だが原稿を投函した者は誰なのか、全員の血液が抜き取られた残りの  在りかなど、謎は多く、捜査が難航している”


「完」



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す