三日坊主と自己肯定感

記事
学び
『何かを始めようとしても続けられない』
っていうことありますよね。



でも、『何をやっても続かない』
だったら自己肯定感と関係があるかもしれません。



新しいことを始めるとき
習慣にまである程度ゆらぎがあります。



『面倒になったり』
『決めたとおりに出来なかったり』
『忘れてしまったり』


この状態になったとき
どんな気持ちになりますか?


『もういいや。どうせいつも続かないし』
『決めたとおりにしなければ意味がない』
『今までしたことの意味がない』


こういう思考になりませんか?



これは自分と仲良く出来ていないんです。
自己肯定感が獲得出来ていない状態。


自分と仲良く出来ていると
(自己肯定感が獲得出来ている状態)



『自分がしたくて始めたことだからやろう』
『今日は調子が良くないから回数を減らそう』
『今日からまた始めよう』


自分に厳しい人は0、100思考
白黒思考になりがちです。



100出来なければ0と同じだ。
臨機応変に調整するとか
昨日までの継続をまったく認めないになり
結局やめてしまうんです。



運動習慣でもダイエットでも勉強でも
完璧に決めたとおりに出来なければ
気持ちが悪くなりやめてしまうんです。



こういう心理状態では物事を継続することって
難しいんですね。



人間ですからゆらぎがあります。
決めたとおりに出来ない日があっても
忘れてしまっても
自分と仲良く出来ている人は
続けることが出来るんです。


なにかを始めようと
って決めたことがあったら
どうか自分を励ます声掛けをしてください。


励まし続けることが出来たら
それはやがて習慣になり
あなたがなりたい貴方に確実に近づいていますから。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す