タロットのカードの意味を本で調べる人、アウト!

コンテンツ
占い
「タロット占い師さんに見てもらったんです。その人はカードの意味を一枚ずつ本で調べながら、説明してくれたんです」

ある、お客さまの肉声です。
そして、その方は、こう、続けました。

「これなら、私にもできる! と思ったのです!」

彼女は私のところに、タロットを習いに来たのですが、(ココナラでは、タロットを教えることができません。サービスを出すたびに運営に引っ込められてしまってます…これは、自分のサイトで無料でやっていた時の話です)
この話を聞いた途端、世の中のプロの占い師、ヤベェ、と思いました。
そんなの、子供でもできるじゃないですか!
私たちは、何のために毎日修行しているんですか?
守護精霊とコミュニケーションを深め、瞑想で霊力を高め、あらゆる感性を磨いている「占い師」から見ると、「バカにすんじゃねぇ、こらぁ!」って叫びたくなります。

あのね。
カードはあくまでも、「窓」なんですよ。
その向こうに景色が見えないと、タロット占いではないのですよ。
そして、景色を見ることができる人間は、限られているのですよ。
誰でも簡単に占い師になりたいなら、誰がやっても絶対に同じ結果が出る統計学に基づいたものにしてください。
タロット占い師のレベルを、信用を、引き下げるのはやめて下さい。

確かに、私も百発百中じゃないですよ。
体調によって浮き沈みありますよ。
オリンピック選手だって、本番で実力が出せないのと同じ。
だから、偉そうなことは言えません。
それでも、心構えくらい、持って下さい。
私が人前で「タロット占い師」ではなく「タロット使い」と自己紹介しているのは、そのためです。私は占っているわけではなく、見ているのだから。

あ、ちなみに、本に書いてある内容、ものによって違いますし、あてにならないです。自分の経験から、「自分にとってこのカードはこういう意味」という自分専門の解釈を身につけることが一番大事です。まぁ、30年やった人間の言葉ですが。でも、センスのある人はすぐできるんですよ! 年齢関係ない!

今日はちょっと、難しめの話かなぁ。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す