自分の内観と多くのひとに起きていること

記事
コラム
おこんにちは~(^-^)


最近、まったく活動的なことをしたくありません笑


〇〇した方がいいとか、そういう思考があるけれど、実際に
自分がしているのはほぼ寝ることです笑


私が実際にしていることは、何もしないことや寝ること。
そして食事をつくったり洗濯をしたり、お掃除をしたり、
排泄したり、そういう人間が生きるのに最低限のことだけ。

ときどき長時間瞑想したり、クランのひとたちとコミュニケーション
をしながらディビジョン2をしたり。



私が実際にしていること。
それは、無意識の領域で選んでいて、それをしたいからやっているのです。

活動的なことはなにもしたくない、寝ていたい、食べること、排泄、
最低限の家事、これらから私はなにを体験したいと思っている
んだろう。

何をかんじる為にしているんだろう。

とかんじてみました。


ひとは、次のステップに入るまで、おなじことをくり返します。

飽きるまで、もういいやとなるまで、気が済むまでくり返し
体験してからぱっと変わっていくようです。



この今の状態に入る前、私は「不安や心配のない安心感に
包まれた状態の深いしあわせ」をかんじて生活していました。

そのよろこび、そのおだやかさ、安定さ、軽さ、至福さ。



なにげなくしていることの大きさや重要性があります。

当たり前すぎて忘れていたり、思い出したり考えることもないこと。
自然になりすぎていて、意識すらいかないこと。

それが、食事や排泄、睡眠、最低限のお掃除だったりします。

その中にあるもの、多分私しか感じない私視点のものがあって、
そこを私はじっくり味わいたいんだと思います。


なにげないことのよろこび。
些細なこと、当たり前のこと、そこからかんじるよろこび。
ありがたさ。


これが私は大きくて、それができることがとてもうれしいんです。

どこかの会社ではたらくことより、だれかの役にたてることより、
いろんなことをまわすことより、だれかと笑ったりすることより。

それらもとても素晴らしいことだし私は好きです。
わくわくもします。

でも、それらの前にあるのが、それらの前提としてあるものは
基礎や土台にあるものは、シンプルな「食べること」「眠ること」
「排泄すること」「健康に害がない程度の清潔さ」だったりします。

あとは「性生活」もそうです。



今のこの、なにもしないでいることをしている間、なにもしないこと
をたのしんでいる間、私は自分の視点がまた新しくなっていっている
ことに気づきました。

今までとはちがうものの見方がやってきています。

だれかに教えてもらったわけでもなく、本を読んだりしたわけでもなく、
どちらかというと引きこもりに近い状態で、自分に何かを課したり
しないでいただけで。



瞑想中、わからないでいたことや新しい視点がハッと降りてきます。

新しい感覚、もっと広くて新しい感覚がハッと降りてきます。

もっとおもしろいのは、主人と一緒にいて笑い話をしている最中に
いきなりポーン!と思ってもみないことが降りてきたりもすることです。

なにかについて「わかった!」っていう瞬間です。

そうか、だからだったんだ!っていうこと。

今起きていることや笑って話していることとはまったくちがうこと。

そして、これからのことにつながっていくことでもあったりします。



現在のこのときに生きているひとの多くは、人生の中で、
180度ちがう体験をするようになっています。

「今まではこうだったけど、それがひっくり返る経験」をするように
なっています。


私も、今から9年前あたりからその状態の入り口に入っていて、
数年かけて自分の人生観や価値観、潜在意識にすりこまれていたものを
解いていきました。

自分でひとつひとつ見つけていった、発見です。

ひっくり返りました。

当時はある特定のひとだけに起こるもの、ある条件をクリアした
ひとだけに起こるものだと思っていました。

なぜなら、まわりでひっくり返る体験をしているひと、それを自分に起こす
ひとがいなかったからです。


でも、今はそうじゃないとかんじます。

多くのひとがこれを体験します。

人生の中のどの部分なのか、どんなことなのか、それはひとりひとり
ちがいます。

テーマやジャンルはちがいます。

でも、180度ちがう体験をするようにできているんだとわかりました。
世界や社会で起こることで体験するというより、個人で体験すること
に近いのではないかと思います。



スピリチュアル的な見方でいうと、すべての存在は、もうだいたい体験
し終わっているんですね。

貧乏や大金持ち。
超有名人や一般人。
迫害するひと、されるひと。

生まれ変わりのくり返しの中で、その反対側の経験をしてきています。
ただ、今までは、ひとつの人生では「貧乏」を次の人生では「お金持ち」
を体験したりして、1回の人生の中でひとつの生き方しか体験していないのが
多かったんです。

それが、今現在ちがうのが、ひとつの人生の中で両方を体験できるように
なっていることが大きなちがいだとかんじます。


自分の見ている世界が変わる、自分のかんじる世界が変わる。
180度変わる体験をひとつの人生でできる領域、軽さになっているんだと
思います。


その両方を体験するからはじめて、立場がちがうひとのことがわかるわけです。

生まれ変わってしまったら記憶がないので、体験はしていても活かされない
けれど、記憶がある状態で体験できるなら、自分以外のひとたちのことが
わかるわけです。

ということは、ちがうひとたちのことがわかるわけだから、思いやりや
改善策が今まで以上に生まれて、責めたり無関心でいられること、好き嫌い
や争い、罪や罰、正しさやまちがい、いい悪いの視点が消えていくということになります。


これは、まだだいぶ先になるだろうと思います。

早くて何十年か先。
それが当たり前の世界になるのは。

20年経つと、今よりだいぶ広がっていくのではないかとかんじます。



私たちは、「体験」そのものをしたいのです。

ほんとうは、「貧乏だからよくない」「お金持ちだからいい」とか
「殺人はいけない」「被害者はひどい思いをする」とか、
そういうことではなくって、体験することからかんじること、
なにかが自分の中から生まれてくること表現することをすべて、
よろこびとしてかんじているのです。

そして、「時間をかけるということ」をたのしみたくてやってきています。

うまくいかないことを体験したくてやってきています。


スピリチュアルや宇宙の法則なんかが世間で広がるようになりましたが、
個人的にはこの地球の次元の変化が定着して安定してからでないと、
進まないことやうまくいかないこともあるのが普通だとかんじます。

なにを持って「失敗」というのか「成功」というのかも、ほんとうは
今はわからなくって、それよりも自分にしか体験できないことを
どれだけ体験できてかんじているのか、その方に意識を持って
いった方がいろんな点と点がつながっていくんじゃないかとかんじます。

あくまで、私は、っていうところですね(^-^)



「役割」というのは、ほんとうに深くて、「自分がこうなりたい」
と思うものであっても、そうはならないこともあります。

なりたくないのになっちゃうこともあります。

自分がほんとうに望んでいるものは何か。
それから、望みが叶わないとき、それは自分の本来のあり方とはちがう
ことの可能性もあったりします。

自分の役割ではないときは、ほかのひとにお任せするのもいいし、
気が済むまで力ずくでやってみるのもいいし、しばらく放置しておいて
時が経ったらまたやってみるでもいいし、方向転換するでもいいし、
そんなかんじかなぁと思っています(^-^)



「願いを叶える」ところから、次のステップへ、そんな感覚も
かんじています。

「願い」って実はもうすでにやっていてできていたりします。
それを、規模を大きくしたいってことが世間的にいう「成功」
なんじゃないかなぁってかんじたりもします。

私、そこのあたりって、ほんとうに興味がなくって笑


規模を大きくする必要性をかんじないんですね。
なぜなら、私は集団や社会を生かすよりも個人とのつながりや個人を生かす
方に長けているからです。

個人を見てかんじてエネルギーをつかうことの方がたのしいし、まわしやすい。

それも、日常にいる命や日常で関わる命やできごとに特化しています。

人間だけではなく、動物や自然界のものに対しても。


昨日はながれで瞑想中、うちのわんこにヒーリングをしてみました。
ぜんぜんやるつもりはなかったけれど、瞑想中私の膝に乗ってくるので、
そのうちに自然とわんこのヒーリングになっていました笑

私のあぐらの上でごろんと横になって、あくびをして過ごしていました笑

その後のお礼のべろちゅーがすごかったです笑


そういうことに、ほんとうに至福をかんじる私です。
食事のようなものにもかんじます。

では、また(^-^)
































サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す