クライアントに恵まれている、いいお客様しかいない。そんな状況を作るには?

記事
学び
「単価がとにかく安すぎる」
「修正が多くて嫌になる」
「言葉遣いがキツい、フィードバックが憂鬱…」
「お客様の要求が多すぎて疲れる」

ハズレのクライアントだ…
よくないお客様に当たってしまった…

一方で、SNSにはこんなキラキラとした投稿も。

「クライアントに恵まれている」
「お客様の質がいいのがうちの強み」

そんな中、どうやったら後者になれるかは、あまり言語化されていません。

当記事では長年多くの経営者やフリーランスを観察してきた中で得た知見と実体験をもとに言及していきます。

著者 自己紹介
フリーランス8年、Webライター12年。長年のクライアントワークの経験を通して得た知識や経験からフリーランス関連の相談に強いカウンセラーとしても活動中。メンター講師としての実績もあり。

仕事相手を選ぶことの重要性

クライアントやお客様に恵まれている人は仕事相手を選んでいます。

選ぶ基準はそれぞれ異なりますが、過去の経験から「この人は安心できそう」「この相手は少しヤバいかもしれない…」などとよく人を観察しています。

対面でのやり取りではそういった部分や相性などダイレクトに伝わるものがありますが、オンラインでのやり取りでも文章、言葉尻、伝え方、返信や対応、ビデオ通話越しの印象などから人となりは見えてくるものです。

例えば、見下しているような発言、敬語を使わない、人間性が自分と合わない、約束を守ってくれないなど。

違和感や不信感があり、直感で何となくイヤな予感がした場合、仕事を断るので結果的に(自分にとって)合う人だけが残ります。

これが、相手を選んだ先にある「周りに恵まれている。いい人しかいない」の正体です。

【業界の闇】初心者が注意すべきこと

第三者から見るとそのクライアントやそのお客様は地雷のように見えるけれど、本人はいいクライアント、いいお客様だと思っている。

「本人がいいならいいんじゃない?」とスルーされがちですが、業界の問題も含んでいるため、少しだけ警告しておきたいなと感じました。

未経験者や初心者はいい意味でスレていません。業界の相場感を知らなかったり、クライアントの良し悪しも曖昧です。そんな中、不安と希望を胸に仕事を始めます。

私もかつてはそうでしたが「成長につながるかもしれない」「これから単価も上がっていくはず」とポジティブな側面に目を向けて、とにかく一流になるために場数を踏むのだと。そんなことを思いながら、歯を食いしばってせっせとライティングに励んでいました。

しかし残念ながら、このような初心者の向上心や良心につけ込んで「安い単価で買い叩く」「要求多めで何度もやり直しやさせる」「ひどい言葉で心をへし折る」

このようなクライアントやお客様が少なからずいることも、同時に覚えておかなければなりません。

いい悪いの判断が正しくできていない時に「これが普通だ」と言われたら「そうなのかな?」と思うしかないわけで、この時に誰かに相談できたらまた少し変わってくるのかもしれませんが、それができないと搾取のループから抜け出せないまま、持ち合わせていた強みや才能を潰されかねません。

自分の判断に自信がない場合は第三者の意見も取り入れながら、相手を見る目を養っていきましょう。そうすれば少しずつでも状況は変わってくるはずです。

【特例】善悪という判断すらない境地

少し暗い話になったのでトーンを戻します。これはベテラン勢の一部に見られる面白い現象なのですが、

「別にクライアントやお客様を選んではいないけれど、周りいい人ばかりだよ」

こういうタイプはやり手です。その人が言う“いい人”は第三者が客観的に見て「本当にいい人なのか?」はよく分かりませんし、実際あまりそれは関係ないことだったりもします。

なぜなら、このタイプは傾聴、相手を受容するスキル、適応力、交渉力、いい意味でのスルースキルなどコミュニケーションのバランス感覚が抜群に優れていて、どんな相手であっても関係なく、自分に合う相手にできてしまうから。

途中何かしらの問題があっても「相手には悪意がない」という前提で話を進めているので、自分の中で溜め込んで我慢したり、疑心暗鬼になることもありません。相手に直接問いかけ、スマートに問題を解決していきます。

結果、どんなに気難しいクライアントや面倒臭そうなお客様とも打ち解け、完璧に仕事を仕上げて人間関係も良好なまま仕事を終え、代わりが効かないため何度もリピートされています。

普通のクライアントやお客様(クセがある人以外)からも評価がいいのも特徴です。

このタイプはいいクライアントやいいお客様を自ら作り上げていけるので、いい悪いという基準でフィルターにかけて相手を判断する必要がないのです。

最初の入り口では善、悪、どちらにも分類されない玉石混交のクライアントやお客様。このタイプと関わると、最終的にはみんな“善(=いい人)”になっていくわけです。

これは人間力がなせる技なのか、はたまた経験値が高いからなのかは分かりませんが…

人をジャッジせず、誰も敵にしない、悪者にしない。この境地に私も立ちたいなと日々精進しているところです。

最後に

フリーランスの相談サービスを提供しています。ビデオ通話で60分、1対1の個別相談。

仕事選びの悩みや「このクライアント大丈夫かな…」の相談も秘密厳守で対応します。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す