英語を話せるようになるには?その1

記事
学び
初めての投稿になります!English Junkieと申します。翻訳、英語の問題の解答解説、英文の添削等を行っています。
今回のトピックは、英語を話せるようになるための方法その1です。

【英語が話せない原因・問題点】

みなさん、まず、日本人は、英単語、フレーズなどの知識自体は意外と多いと言われています。特に大学受験で英語を使って英語を勉強してきた方は、英語を読む能力や単語・文法事項等の知識などは意外とあります。しかし、実際に英語を話せる人は非常に少ないです。例えば、自分が通っている旧帝大医学部でさえ、英語で日常会話をできる学生は少ないです。入試時の英語で高得点を取った人でさえ、いざ話そうとすると自分の言いたいことを表現できないのです。

要するに、英語を理解する(読む・聞く)能力はかなりあるのに、英語で相手に伝える能力(話す・書く)能力がそれと比べてかなり劣っていることがかなりの人に当てはまっていると思います。
情報を得るためだけに英語を学んでいる方にとっては問題ないのかもしれませんが、英語話者との双方向のコミュニケーション能力を身につけるために英語を学んでいる人にとっては致命的ですよね。

では、この問題点を解決するために何をすればいいのでしょうか?

【英語を話せるためには日本語を介さず感情を込めてアウトプット】

上記の問題を解決するには、覚えた単語・フレーズを使った文章を「実際に自分が使っている状況を想像して、感情を込めながら、日本語を介さずにアウトプット」を繰り返すことがかなり効果的です。

私自身も、英検準一級を取得した頃は、自信を持って「自分は英語が話せる」とは全く言えない状況でした。しかし、この方法を高校生の時から実践してきてかなり効果があったように感じます。継続してアウトプットの練習をしていくにつれて、英語で物事を考えることができたり、夢の中で英語を話してたりするようになりました。日本語を全く介さずに「感情・概念→英語」のプロセスが瞬時に脳内でできるようになる感覚です。英語の反射神経をホントに鍛えることができます。

「学んだ単語・フレーズを使った例文を音読しろ」ということはよく聞かれると思いますので、練習をしている方は多いとは思いますが、音読する際に感情を込めて、まるで俳優になったかのような感じでシミュレーションするだけでも効果は爆上がりするので、「いざ話すときに言葉が詰まってしまうな。。。」って方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで下さりありがとうございます!