100均スパイスでカレーを作ってみた

記事
コラム
今回はいつぞやの夜ごはんの話。100均スパイスを使ってインドカレーを作りました。

事の発端はこの、 
「インド人なら100円ショップのスパイスでも本格インドカレーは作れるのか?本場の味を知るインド人が挑戦!」
という記事をたまたま目にしたことから始まります。


なんかねー、すごいそそられた。
そそられポイントはいくつかあるんですが、私はカレーの中でもスパイスの効いたカレーが好きで。スパイスの効いたカレーに出会うまでは20年以上一般的に販売されているルーのカレーしか食べたことがなくて、それまではカレーに対してそんなにテンションは上がらなかったんです。 でもスパイスの効いたカレーを初めて口にした瞬間、私のカレー観は変わったんですよね。カレーってこんなにおいしいんだ!と目が覚めたわけです。

だからテンションが上がるスパイスの効いたカレーを自分で作ってみたい!と。 そうしたときに前述の記事に出会ったわけです。
100均で買えるスパイス、っていうのにも敷居の低さを感じて飛びついたし(冷静に考えたら市販のルーよりも高いんですけど…コスパって観点ではそうでもないかな?)、市販のルーでカレーを作ると2人分(同棲中)だとどうしても作りすぎちゃうことになる。でもこれだったらなんか量調節できそうなイメージだし!という感じで。最初はなぜか微妙に作るのをためらっていたのですが、作りたいし!食べたいし!ということで思い切って作っちゃうことにしました。

…まぁというわけで。なので私は鼻息荒く100円ショップに行って必要なスパイスを購入しました。ふつーに売ってたしね。びっくりです。
レシピを見ていてもそんなに難しそうなものではなかったし、やってみようやってみよう。
というわけでチキンカレー、レッツ調理でございます。

20190601-01.jpg

ガラムマサラ、ターメリック、クミン。スパイスはこれだけ。  

20190601-02.jpg

後はばーっとフライパンに入れていくだけにしたいので(レシピでは鍋になってたけど焦げそうで…)具材をいい感じにしていきます。鶏肉に下味。にんにくは3分の2個使いました。レシピでは1個って書いてあったけど「多すぎん!?」ってなったので。…ひとかけじゃないです、1個、です。  
にんにくをひたすらすりおろして、しょうがはチューブで代用しました。

20190601-03.jpg

トマトは皮をむいてこまかーく切りました。恋人がトマト苦手なので、トマトがキッチンに登場するのは新鮮です(加熱して存在感がなくなればトマトは食べられるらしい)。 
そしてここでもにんにく…こんなに入れるの!?ってかまだ使うの!!?

20190601-04.jpg

そして壮絶な感じでひたすら玉ねぎ2個をすりおろして、玉ねぎを炒めます。  
ですが「飴色になるまで」と書いてあるのに全然飴色にならない。なる気配がない。30分以上炒めてんのに。
家族のグループLINEで泣きついたら弟が調べて(!)くれて、「すりおろすと飴色になりにくい」とか「みじん切りがいいよ」とか「すりおろすと苦くなる」とかとかと、いろいろ教えてくれました。私は今こうやって教えてくれている弟が作ってくれたスパイスのきいたカレーで、カレーのおいしさに目覚めたのです(あまりにもそのおいしさに感動して歌を作ったのはもう6年以上前の話)。
20190601-05.jpg

飴色にならない…。もうしょうがないので、うっすーら玉ねぎに色がついたところで他の具材を投入しはじめました。しょうが、にんにく、トマト、鶏肉。そしてガラムマサラ以外のスパイスを入れます。おおぅ、ちょっとそれっぽくなってきたぞ。
いい感じに煮込んだら、ガラムマサラ1瓶全部と塩を入れて完成!わーっ。
20190601-06.jpg

所要時間…1時間45分ぐらい?玉ねぎのすりおろしと炒めるのでかなり時間かかったから。ガラムマサラ1瓶で、まぁ満足するスパイシーさって感じでした。個人的にはもうちょっとスパイシーさがあってもよかったかなぁ。 
ただ、調子に乗って塩を入れすぎたのでちょっとしょっぱくなりました。っていうかでも調味料は塩だけってところがすごいよね。

20190601-07.jpg

お皿に盛り付けてみると…うふふ。おいしそう。
っていうか作りながら思ったんですけど、私料理好きですね。好きなんだわ、うん。

気になる味ですが、おいしかった!です!調子に乗っておかわりしちゃいました。
私はしょっぱかった以外申し分ありませんでした。でも恋人と話した結果「次は玉ねぎの炒め方にも工夫が必要だね」と。恋人ものってきてくれて「インドカレーは玉ねぎが命なんだってね」などと教えてくれました。参照したサイトに書いてありましたが、ありがとう。
ガラムマサラ以外のスパイスはまだ残っているし、作ろうと思えばいつでも作れます。材料も安くて手に入りやすいものばかりだし。

それにしても、食べながらめちゃくちゃ汗をかきました。噴き出してきました。スパイスすげぇ。
でもとにかくおいしかったー!また作ろう!昨日食べ切れなかった分がまだありますが。今日も食べます。

と、いうわけで。気になる方は作ってみてください。おいしいし楽しいです。 「自分が料理好きだ」ということに気付いたのもルンルンですね。 



そしてそののちにまた何度かこうやって100均スパイスでインドカレーを作ることがあったのですが、ここしばらくはめっきり作らなくなりました。
それは多分、にんにくの量にあると思います。このやり方でやると、あの「カレーのどろどろ感」はにんにくで構成されていることに気付くので…。いくらなんでも、このにんにく好きの私でもちょっと多すぎるだろうと。にんにく臭さは2日は取れませんでした。
まぁでも、そこは量を調整すれば大丈夫かな?玉ねぎを増やしてにんにくを減らしたり。どうなんだろう。

って、あー!そんなことを書いていたらこのカレーを食べたくなってきたじゃないか!



※この記事は筆者サイト「おゆがわく」より加筆修正したものです