●元国税【個人事業主税務調査の内情(居酒屋)…推計による現金商売調査法】

記事
法律・税務・士業全般
● 概況
   私は、○○駅前で居酒屋を営業しています。メニューの多さと値段の
  手頃さで、まずまず繁盛しています。従事員は私と妻と学生アルバイト
  2名で、昼のランチも営業しています。
   売上については銭函(レジはあるが、レジ打ちをしていない)で、営業
  終了後その日の現金をざっと数え、適当な金額を売上としています。
   先日スーツを着た男性が3人、税務署員ということで、連絡なしに調
  査にやってきました。店に来るなり、店にある売上伝票や売上を書いた
  ノートを調べられ、店にある手持ちの現金を数えさせられました。突然
  のことで頭が真っ白になり、指示されるままに従いました。正直言って
  売上は少なめに書いていますが、調査はどうなるのでしょうか。

● 税務署では
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,071文字
●元国税【個人事業主税務調査の内情(... 記事
法律・税務・士業全般
500円