FXは敷居が低いから危ない

記事
マネー・副業
前回の投稿の続き。 

両替(トレード)してる対象が
1ドルと100円だけだったら、
10回両替(トレード)して
10回とも10銭勝ったとしても全然儲からない!

なのでFXは、
「最低、これくらいのお金がなかったらできませんよ」

って言うルールがある、
最低ラインが決まってるんです。

この最低ラインのことを
「1ロット」って言うんすよ。

この最低ラインの1ロットを買うのに必要な金額が、
10000ドルなかったらダメですよ、
とか、
1000ドルなかったらダメですよ、
って感じ。

この最低ラインの基準は、
各証券会社によって変わってきます。

証券会社のホームページをみると、
「10000通貨」
とか
「1000通貨」って書いてますね^ ^

じゃあ、例えば
「FX始めるのに最低10000ドル入りますよ」
って会社の場合、

10000ドルを日本円に両替したら100万円。

ということは、この会社は、
「FXを始めるのに最低100万円必要ですよ」
って言ってることになる。

そうなると、
敷居がドカーンっと上がりますよね。

最低100万円必要というのはいくらなんでも厳しい!!

大金ですからね。。。

なので、証券会社が

「ですよね〜
最低100万円スタートは流石に厳しいですよね。
じゃあ、ちょっとオマケして
その25分の1あったらFXさせてあげますよっ」

って言ってくれてるんです。

これがレバレッジってやつ。
この話で行くと、
「レバレッジ25倍」ということっすね♪

レバレッジってネットで調べると、
「元手の何倍も賭けられますよ」って書いてますけど、
本来のレバレッジの意味は、

ホントは最低でも結構な大金がなかったらFXできないけど、
それ準備するのが大変やから、
じゃあその〇〇分の1あったらFXさせてあげますよ

って意味なんすよ。

FX始めるのって、
証券会社で口座開設して、
お金を入金すればトレードができるようになるすけど、

今の時代、パソコンあったら
誰でも簡単に口座開設してトレードができるんです。

敷居が低すぎる。

だから、
何も知らないままFXを始める人が多い。

実はそれが一番危ないんです

次回は一般的にFXで一番気をつけないといけないところって言われる
「含み損」についての記事。

いやいや、
実は含み損なんてどーでもいいんすよ笑
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す