珍顧客対応シリーズ【恐怖!試乗あらし〜】

記事
ライフスタイル
私が32歳で独立起業してたった3年でメーカー指定基準のフランチャイズストアを建設しました。総工事費は5000万円以上かかりました。
関係者や社員のおかげで、半分奇跡みたいな展開でした。

そして2002年5月にオープンして、業界の話題になりました。
まだこの頃は試乗車を置くお店はそんなに多くなく、あっても1台か2台ぐらいです。
しかし、私は全モデル試乗ができるというプロモーションを立てて、お客さんをたくさん呼びました。もちろん契約にもつながり大成功です。

そんな大成功に浸ってたオープニングの2日目に、見るからに怪しくて不吉な男性がスクーターで現れました。そして大きい声で「試乗させろ!」と言ってます。
ここは、私が対応したほうが良いと直感して、謙虚に応対しました。
そして「どのモデルにしますか?」と聞いたら、
なんと「全部、試乗させろ!」と怒鳴って言ってます。
しかも、夕方になり外は暗くなってきています。

私は、全てを受け入れ「それでは準備しましょう」と言って、10台の試乗車を並べて準備しました。ご本人は当然といった顔でアクセルをレッドゾーンまで回して喜んでます。
しかし、私はリスク管理を感じていたので、免許証のコピーだけでは不安だったので試乗の先導をすると申し出ました。
しかし!その方は、頑なに拒否しています。
私は交換条件で、ゆっくり走らず、テキパキと走行しますからと言ったら、
国道を「100キロ以上で走行してくれ」と言ってます。
私は冷静に「警察につかまるし、お客様の安全を保証できません」と言ったら納得してくれました。

そして10台を立て続けに試乗先導して、私も半分ムキになっていました。
お客さんも疲れ果てていましたが、私も若かったので全然へっちゃらで「どうだー」という雰囲気を出したら、お客さんはもう勘弁してくれみたいな感じになって帰られました。
スタッフも私の対応にインパクトがあったらしく、ビックリしていました。

そんなある日です!
私が池袋のパルコで時計を見ていました。
そしたら、その時の試乗荒らしのお客さんがいました。
私は興味本位で背後に回り、この人いったい何しにきているんだろうと思いました。
なんと、高級時計コーナーで店長を呼びつけて展示してあるロレックスやオメガなどを全てはめさせろと言ってます。
そして、一個一個、高級時計をはめて、店長に説明をさせています。
ほんと、すごい話しですよねー

このお客さんは私のお店には2度と来なかったですが、
社員は少々トラウマになっていました。
面倒くさいお客さんは全て私に回せとよく言っていたので、社員のモチベーションは当時は高く、いつしか「社長を出せー」みたいなクレーム処理はほとんど皆無でした。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す