処方箋薬局・事件

記事
ライフスタイル
先日、精神科受診を終えて、処方箋薬局で待っていたら、
ある一人の30代ぐらいの男性が、私のとなりでブツブツ何か言って身体を震わせてました。
確かに、精神科専門病院の処方箋薬局だから、いろんな人がいますし、私もたくさん見てきています。だから、別に動揺もしないし、
ある意味これが

「普通」という感覚になっています

そんな中、その男性が順番で呼ばれたらいきなりキレて
薬剤師さんに怒り狂って迫っています。
内容は、働く職場で精神障害になり労災認定の手順が出来てなくて、それを怒り狂い薬局のせいにして、その場で労働基準監督に電話させて、白黒ハッキリさせるように

なかば脅迫していました

机を叩き、大声でわめきちらしています。
この薬局はそんな人達への対応策としてガードマンがいるんですが、まーこの人がまったく役にたっていません。

しかし、担当の薬剤師さんがいろいろと手を打ってくれて解決策を論理的に説明して、私も客観的に聞いても、一件落着だと思いました。

そしたら

その当事者は「まだ、お前は俺に謝罪していない!」「謝れ!」とまくしたてます。。。
そして、その薬剤師さんは謙虚に「申し訳ございませんでした」と言ったら、
ダメだ全員謝れとなり薬局の職場の方々5人ぐらいが全員呼び出されて謝らされています。

しかし、その当事者は何と
何回も何回も「謝れダメだもっとだ!」「もっと大きな声で謝れ」「土下座だ!」と10回くらい連呼しています。
待っている患者さんは

皆、恐怖で怯えてしまっています

さすがの、私も一線を超えていたので、
当事者に歩み寄り、
「あなたの今の状況を全部、動画で撮ったよ!こりゃ威力業務妨害、侮辱罪、損害賠償、脅迫罪、東京都迷惑防止条例に該当するね、私には9人の顧問弁護士チームがついていて、こういう誹謗中傷は専門なんだよ。どうする?弁護士の腕ひとつで、君懲役だよ!」
と言ったら、当事者は冷静になり、逃げるようにして帰りました。

もちろん、こういうタイプは意識が低いので、謝りもせず去ってしまいました。その後ガードマンの方に「失礼ですけどご職業は?」と聞かれたので、面倒くさかったので、寅さんのマネをして

「渡世人なんです・・・」と言いました

そしたら、ガードマンの方はあっけにとらわれていました(笑)
その後、私は当事者の名前を確認して、病院側の院長に報告して、
働く側は皆、リスクがあるので当事者に注意しておいて下さいと言いました。

しかし、私は世のため人のためと思ってやったわけじゃありません(笑)
自分の中での感情がそうさせただけで、さらに自分の中での一線を超えたので
行動を起こしただけなんです。
だから、薬局側にも見返りを期待していないし、本質は早く自分の順番が来てクスリをもらい帰りたいという「普通」の感覚なんです。

ではでは、、、
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す