オススメ本「イヤな気持ちは3秒で​消せる」

記事
ビジネス・マーケティング
あなたはイヤな気持ちが起こったとき、そのままにしていますか?

もったいないです!
イヤな気持ちはたった3秒で消せるのです!

この本では、イヤな気持ちを消す、気持ちの切り替え方法が書かれていました。

この本のポイントを3つに要約してみました。

1、イヤな気持ちになったときは、アントニオ猪木さんのようにイチ、ニー、サン、ダー!!のリズムで気持ちの切り替えをする(3秒で切り替える)
2、夢を紙に書いてわくわくする。
3、感謝、ナンバーワンサポーターを書いて感謝の気持ちを育てる。


ひとつずつ説明していきましょう。

1、イヤな気持ちになったときは、アントニオ猪木さんのようにイチ、ニー、サン、ダー!!のリズムで気持ちの切り替えをする(3秒で切り替える)

まず、大前提として、イヤな気持ちは自分で作っているという事です。
例えばあなたが人に嫌な事を言われたとしましょう。
そのときあなたの中の脳内ではその言葉を解釈して、0.2秒で「嫌な気分」を作り出します。
その嫌な気分を作り出してしまったあと、3秒で「イメージ」、「動作」、「言葉」を使って、ポジティブに変換、気持ちを切り替えよう!という事が書いてありました。
私はNLP(神経言語プログラミング)のスウィッシュのような感じ、と解釈しました。

脳は騙されやすいので、イメージや言葉や動作がプラスのものなら、逆に気分もプラスになるといいます。
「悲しいときは笑ってみると気分が良くなる」みたいなやつですね。

実際にやってみましょう。

嫌な気持ちになったときを思い出してみる。
例:職場の人に「お前ほんとバカだよな!」って言われたとき

①「だけど接続」
「だけど、友達の〇〇はこの前会った時、『お前は頭いいな!』って言ってたよ。」
人は過去のデータを検索するクセがあります。そのままこの人の言葉を受け入れると、自分の記憶から「バカな裏付けの記憶」を検索してしまいます。
「だけど」と反論する接続詞を使って、反論するデータを検索するか、解釈を変えたデータを出します。例えばこれが仕事の物覚え関してバカと言われたとしたら「だけど、仕事ができる事と勉強で覚える事は関係ない。高卒で仕事が成功してる人もいるじゃないか!」みたいな感じです。

②「プラスイメージ漢字」+「だから必ずうまくいく!」
自分の気分がよくなる漢字を1文字か、2文字選びましょう。
例えば「昇」「明」「誠実」などです。
ここでは例として「超越」を選びます。
それプラス「だから必ずうまくいく!」とつけます。
つまり「超越!だから必ずうまくいく!」と言います。

③「動作、お約束ポーズ」
自分の力が湧くポーズをします。
私は両手を上に突き上げるポーズを選びました。

ポーズ.jpg

どうですか?イヤな気分は消えましたか?

2、夢を紙に書いてわくわくする。
わくわくする夢を紙に書き出して、長期目標、短期目標を書き出します。
わくわくする夢であること!それが重要です。
毎朝、3秒、その夢(目標)を見て、想像してわくわくします。誰も見てなかったらにやにやしてもいい。(笑)

3、感謝、ナンバーワンサポーターを書いて感謝の気持ちを育てる。
人は自分の為よりも、人が喜ぶことの方がモチベーションが湧くそうです。
例えばボランティアなどで他人から喜ばれたとき、ボランティアしてる人の方が実は嬉しい気持ちになってたり、道でおばあさんが重い荷物を持っているのを見て、親切で持ってあげたとき、「いいことしたなぁ~!でも自分の為だったらとてもじゃないけどあんな重いの持てなかったかも…」というように、人の為だったら意外と頑張れたりします。
それを利用して、あなたの成功を喜んでくれるサポーターを紙に書き出します。
例えばあなたが成功したとき、喜んでくれるのは家族かもしれませんし、結婚してれば、旦那さん奥さんかもしれませんし、独身だったら恋人かもしれませんし、友人かもしれません。
この本では亡くなってる方や、歴史上の人物でもいいと書いてあります。
そしてあなたが目標達成した後にそのナンバーワンサポーターに言ってもらいたい言葉を書き出します。
そうすると、そのサポーターに対して大感謝!という気持ちになります。
そしてモチベーションもアップします。

以上です。
もっと詳しく知りたい方、気になる方はこの本を読んでみてくださいね!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す