働き方に危機感を抱いてるあなたへ

記事
学び
貨幣中心の経済から
信用中心の経済へと
シフトしていく流れを知り
社会の変化に取り残されることが
ないようにしてほしい

ニューノーマルな世界を生き抜いていく

FF28C705-E53F-4813-8422-5F26C6F1ECE2.jpeg
湯婆婆は相手の名を奪って支配するんだ
いつもは千でいて
本当の名前をしっかり隠しておくんだよ
参照先
スタジオジブリ 宮崎駿
現代社会・未来の社会において
非常に重要な考え方となりました

湯婆婆は
千尋の名前を冒頭で奪ってしまう
そして
千になります

名前を奪われた事で
自分とはなにものかわからなくなる

ただただ
湯婆婆の元で
せっせっと働くことになりました

世の中の歯車の一部になったのです

サラリーマンの縮図とリンクしています

最初は自分の名前をしっかりもっている
でもある日
突然名前を奪われている
知らぬ間にです

みんなそれぞれ違う人間で
一人一人名前が違うはずなのに
みんなになっていきます

名前を取り返す

誰からですか?

湯婆婆からですね

誰が取り返しますか?

誰かに任せますか?

違いますよね

本当の名前をもう一度
自分で取り返しにいきましょう

あなたはだれですか?

あなたが誰かのヒント
そういう話に今回はなっています

新世界で生き抜いていくには
本当の名前を取り戻しましょう

自分の価値を知る
自分の価値を磨く
自分の価値を提供する

そして
湯婆婆に名前をうばわれないように

AIに仕事を奪われても気にしなくて良い

730B038F-6525-4813-946F-2C047F7FA23E.jpeg
今まで人間がやっていたことを
今後はAIが肩代わりする

言い換えると
人間の労働が機械によって代替えされる
でも問題はありません

何故か?

自分の仕事が減り
自由な時間が増える

世の中には
悲観的なニュースが多いです

AIに仕事が奪われると
怯えている人は
自分がその立場にいてるからです

そこから
脱却しましょうという
お話しです

自分の価値がわかってるいる人は
びくともしていません

これからの新時代は
他人と違うことを
やっていくことを基本とする
ブルーオーシャンの思考と戦略

これがあれば生き抜いていけます

思考と戦略があれば
どのようなメリットがあるのでしょう

競争する必要がなくなる
だれも出来ない競技を
数多くこなせる人が勝ちます

AIとは敵なのか?

1CC7FEBF-D62C-4D28-B3BD-33741A8516D7.jpeg
AIに職を奪われると思っている時点で
搾取される側になります

AIによる職の代替=不幸
この考えがあなたを
AI以下に降格させます

自分の無駄な業務=AIに代替
このマインドを持ちましょう

本当に自分しか出来ないことに専念
出来ると思いましょう

現在の会社での方程式
労働契約=湯婆婆に名前を奪われる

会社に残らずとも
仕事をする術はいくらでもあります

それでもこの会社で
働きたいと思える会社
そう思わせる会社は良い会社です

湯婆婆に名前を奪われた人は
AIに仕事を奪われる

選択する権利は自分にある
責任も自分にある

自分の人生は自分で決める
平等な権利です

あらゆるものに市場原理が適用される

FFD1CC87-A7EB-44F5-84B9-F9C6DDA289F8.jpeg
人間対人間から
人間対機械へ

どういう時代に
変わりつつあるのか

機械が行ったほうが
コストが低くなるのなら
機械が行う

機械の代替え対象の仕事
給料が高い仕事
低コストな仕事

例えば
経営者の場合

1.組織にビジョンを語る
2.組織を管理する

1.AIに出来ない
人間をモチベートする
2.AIに出来る
クラウド型の会社管理ツール

つまり
管理しか出来ない経営者に
高い給料を払っているのなら
AIに代替えした方が
良いということです

もうひとつが
一般事務全般

定型的な仕事
低コスト
特殊な能力がなくてもできる

クラウド化で代替え可能です
もしくはAIとともに働く

これらの観点を踏まえて
未来の仕事図鑑を見ていきましょう

なくなる仕事・減る仕事

2CC08998-F3E9-496A-BDC6-79EEEA2BE98E.jpeg
AIで代替が可能な職業
*なくなる、減る(一部代替)職業

『管理職』
管理するだけの管理職は不要

『秘書』
雑務はやスケジューリングは代替
コミュニケーションを円滑にする存在の秘書は残る

『営業職』
フォロワーのいる営業職のみ残る
機械は嘘をつかない

『現場監督』
作業員は残る
データをもとに効率的に働くプランはAIが作る

『エンジニア』
いずれ誰もが出来るようになる
価値が薄れていく

『弁護士』
過去のデータに基づいて判断されることが多い
人為的なシステムにより
人間が判断を下している(代替対象)

『会計士・税理士・社労士』
法律関係はAIの得意分野
クラウドサービスの進化

『スポーツの監督』
AIは判断する機能に長けている
モチベートとコミュニケーションの部分のみ人間様

『介護職』
サービスのあり方が変わる
人がやるべき業務だけになる
業務自体が減る

『警備員』
ドローンで見回り
ARのゴーグルで見張る時代がくる

『教員』
AIは個々の生徒に合ったカリキュラム設定ができるテスト採点もAI

『研究者』
人間様の代わりに研究チームのマネジメント、賃金が高い

『事務職』
AIの低コスト化が実現すれば代替される
存在理由は人間の方が低コストなだけ

『倉庫業務』
ピッキング(商品を選んで取り出す)作業が、低コストで出来る様になれば代替

『公務員』
スマホで手続きも出来る
役所や窓口にいく必要さえない

『クリエイター』
広告コピーもはAIの得意分野
映画作成もビックデータによって決めている部分もある
*ビックデータとは?
様々な形・性格・種類のデータ

『銀行員』
銀行自体不要
紙幣や貨幣のやりとりが少なくなる
ネットバンクの利用の増加

『運送業』
ドローンと自動運転で十分
運送業の自動化

『翻訳』
Google翻訳で十分

『ドライバー』
自動運転が当たり前になる

『顧客対応』
ボットで注文が完結
*ボットとは?
自動化されたタスクを実行するアプリ
Siriなど

『コンビニのレジ打ち』
アマゾンGOのような形態が当たり前になってくる
簡単にいえば「無人コンビニ」

『書店』
1999年と2017年を比較
約1万件もなくなっている
文学コンテンツのデジタル化
付加価値が必要(カフェの併設など)

『飲食店』
スナックは最強
(ママに会いたいから行く)
大衆向けの安価な飲食店は代替対象
マクドナルドなどは真っ先にAI化される典型例

『編集・校正』
本の編集作業は人間
校正や文字起こしは機械

生まれる仕事・伸びる仕事

BE15551E-A24B-4CC8-A7B2-1A28663F62B8.jpeg
AIに奪われないであろう仕事

『個人経営のお店』
志のある個人経営店は大手チェーンに勝てる
アーティステイックなものの価値はより高まる

『職人』
イケてる職人
自分たちの技術・能力を
いかに機械で再現出来るかを考え、研究や実践している
「AIを使いこなす」考え方をしている

『ドローン』
空撮、測量、ビルの壁面の点検など
幅広い仕事で使われはじめている
流通業や農業分野でも力を発揮する

『ショービジネス』
SHOROOMで誰もが才能を発揮できる
視聴者が配信者に対し
課金購入したデジタルアイテムを
プレゼントすることが出来る
人気配信者はそれで収入を得ている

『一億総クリエイター時代」
誰もがエンターティナーやアーティスト
プラットフォームの多様化により発信の場が広まった

『予防医療』
生活習慣の改善
海外では当たり前だが、日本ではまだ広まっていない

『宇宙開発』
コストが下がれば一般人も宇宙へ行ける
小惑星にはビジネスチャンスが山程眠っている

『感情のシェア』
これからの幸福の指標
SNSアプリ「Snapchat」の大ヒット
信頼関係を気づけば、仲間はあなたを助けてくれる

『観光業』
現地に行かないとできない体験
マイナーなアクテビティ
「現地ならでは」と「富裕層向け」を意識する

『AIを操る』
クリエイティブすら模倣するAIを操る
ハードウェアを扱う仕事

『音声認識技術』
誰もが望むシステムは伸びる
Sirimなどの音声認識技術が進化している

好きなことに没頭し
仕事になるまで遊び尽くす

好きなことを掛け合わせ
100万分の1を目指す

難しいようで
誰にもチャンスはあるということです

そうすれば
AIに仕事を奪われる
など怯えなくても
よくなることでしょう

あとがき

481F5117-8466-4961-944A-5E7867689E63.png
唯一無二の存在

自分と
同価値をもっている存在はいません

未来は待ったなし
一本勝負

日々楽しく何も考えず
過ごしたいところですが
そうはいきません

ソファの上で
ひたすら読書だけしていたい

未来が迫ってきているので
そんなわけにはいきません

逃走中のハンターは
常に目を光らせて
獲物を探しています

早く逃げないと
賞金が手に入りません

そんな危機感を抱いています

未来の仕事図鑑に自分を
合わせにいくのではなく

自分の価値を見直し
未来に適合できるかを探る

さらに
どんな未来が待っていたとしても
柔軟に対応できる自分でいる

その為には
どうしたらいのか

日々
もがいてもがいて
苦しんでいくしかないです

自分が継続できることを
マッチングさせていくしか
道はありません

悲観的な話ではなく
ここからの時代は
本当にやりたいことが
できる未来が待っています

そんな未来図鑑さえも
すぐに古くなってしまいます
未来は流動します

図鑑のアップデートは
毎日行われるでしょう

とっておきの
ご馳走を食べるためには
下ごしらえが必要です

自分という価値を
コトコト煮込みましょう
熟成させましょう

時期が来たら
蓋を開けて
食べてもらいましょう

ちなみに
わたしは
好きなものは
最後に食べるタイプです

ほな!また!

おわりに

4405BA92-3BDF-4803-B313-DBE0F4C5E23D.jpeg
ご訪問ありがとうございます!

これからも
皆様のお役に立てるような
連載にしていきます!
今後とも何卒宜しくお願い致します!

出典元
著書 10年後の仕事図鑑
著者 堀江貴文×落合陽一
出版社 SBクリエイティブ株式会社

・お悩み相談
ご相談がございましたら
お気軽にお申し付けください

・チャット版もございます
少し電話が苦手な方
LINEのようなやりとり出来ます

・ココナラ出品相談
ご相談がございましたら
お気軽にお申し付けください

・マイページ
主の情報はこちらから

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す