【昨日のエントリー】1時間足でレンジでも1分足ならトレンドもある

記事
マネー・副業
【昨日のエントリー】1時間足でレンジでも1分足ならトレンドもある

スマートフォンMT4(MT5)用ロジック!

《ライフコストスマホ手法》⇒ ロジックによるエントリーを分析、公開!

ドル円(USDJPY)、ユーロドル(EURUSD)

ドル円は
50pips幅くらいの上下に収まってます

※先程の記事は、幅がない場合の話なので、参考に

収まってるといっても、幅があるので、1分足においては十分に取れるところ
1時間足でのトレードくらいになると、ただのレンジってところでしょうが、
狙う値幅が50pipsの、だいたい1/3以下くらいであれば、流れに乗れるところで乗れば十分

しかも複数通貨ペアであれば、チャンスも増えます

ユーロドルは
下へ動いては、ちょっとレンジ、ヨーロッパが入ってきてまた下がって、NYでまた下がって、
基本的に下方向なので、レンジの時に変なトレードをしなければ十分

本手法においては、2通貨ペアくらい
目標とするところは狙えます
その2通貨ペアを、ドル円とユーロドルにすることで
スプレッドコストが比較的少なくすみます

がちゃがちゃと色んな通貨ペアに手を出して、
散漫になり、変なミスをしないようにすることも戦略の1つです

優位性のあるロジックって、実は沢山あります
自分が、トレードでできること、やりたいこと、取りたい利益、利益率等、
プランに合う合わないっていうロジック以外のとこがかなりな重要ファクター
※損切りは絶対必要(必要経費)

5分足
0217-5m.jpg


1分足
0217-1m.jpg