【昨日のエントリー】ロジック通りにトレードした結果が、相関の中だった、というのがトレード

記事
マネー・副業
【昨日のエントリー】ロジック通りにトレードした結果が、相関の中だった、というのがトレード

スマートフォンMT4(MT5)用ロジック!

《ライフコストスマホ手法》⇒ ロジックによるエントリーを分析、公開!

ドル円(USDJPY)、ユーロドル(EURUSD)

ドル円、ユーロドル

ヨーロッパ勢が入ってきてから、
ドル円、ユーロドルが相関的(逆向き)に動きだしました

そんな時は、ドル円、ユーロドルで、ポイントにきたら乗っていく
で、簡単にある程度取ったところで、やめればいい

追って追ってしてもいいですが、楽なところでサクッとやめてもいいと思います
むしろその方が、損切りする時にもサクッとする習慣がついて良いと思います
といっても、それは人それぞれかもしれませんが

相関というのは後でわかることで、
相関だから、エントリーしていこう、とはなりません
あくまで、ロジックにはまっていったら、トレードしていって、結果それが同じような動きだった、ということで問題ありません

ファンダメンタルズでの分析は、世界経済に関わってるような感覚で、楽しいかもしれませんが、
為替が動く原因になるようなファンダメンタルズは、一般人に情報が降りてくるころにはすでに遅い
ということがほとんどなので、短期足トレードにおいては、情報はむしろマイナスになりかねません

優位性のあるロジックって、実は沢山あります
自分が、トレードでできること、やりたいこと、取りたい利益、利益率等、
プランに合う合わないっていうロジック以外のとこがかなりな重要ファクター
※損切りは絶対必要(必要経費)

5分足
0216-5m.jpg


1分足
0216-1m.jpg