優秀インジケーター詰め合わせで、最強手法を作ればいい?

記事
マネー・副業
優秀インジケーター詰め合わせで、最強手法を作ればいい?

優秀なインジケーターと知りつつも、実際には使ってない
そんなインジケーターが結構あります

ものすごくわかりやすい例で言えば、
一目均衡表

以前の記事で、一目均衡表の雲を使った手法を紹介しました

十二分に良い手法、少し自分なりのフィルターを加えて、ダマシをすこーし減らせば、もう立派な手法になりえるもの
a.png


プロトレーダーが良く言うこと
「手法なんてなんでもいい」「良い手法なんていくらでもある」

大事なのは、何を使って何を見るか?をしっかりと確信を持って使うこと

車に例えてみます

優秀な車はたくさんあります
もちろんポンコツなものもありますが
燃料問題にしても、日進月歩、どんどんと新しいものが出てます
水素エネルギーなんてものも、前日テレビで見ました

人によって、欲しい車は違います
ファミリー用なのか、デザイン重視なのか、ブランドなのか、
広さ、大きさ、高さ、燃費、スピード、機能性

人それぞれ使いたい使い方に近い車を選びます

使用方法に近ければ良い、というわけでもなく、
合う、合わない、もあります
色だったり、なんとなくのハンドルさばきだったり、
好き嫌いレベルで、メーカーなり、デザインなり

本当に欲しいものでも、用途から、今は買わない、いつかは欲しい
今は、今の自分のニーズに寄り添ったものを

そんなこともあります

インジケーターも、単純に言えばそんなもの
手法によって、燃費が良いものがいい、スピード重視のものが良い
色々とあります

さらには、自分に合うもの、合わないもの
今使いたいもの、そのうち使いたいもの
なんとも使いづらい、すぐ使いこなせそう
色が気に入らない、見やすい形になってる

自分の、取りたい値幅、利益、
トレード可能時間
性格、性質に合うスピード感、道筋
単純に使いやすいもの
デザインとして、しっくりくるもの

そんなことから、
優秀なインジケーターの中から、組み合わせて手法化すればいい
いつも書いてますが
優位性のあるロジックって、沢山あって、
要は、自分に合う合わない(プラン)、やりたいこと、取りたい利益、利益率なんかに合う合わない、っていうロジック以外のとこがかなりな重要ファクター
優秀なインジケーター、詰め合わせ、みたいな製品も制作中です
自分で手法つくりたい、
持ってる手法の一部を入れ替えたい、
など、結構ニーズがあるところのようですので

ネット情報は良くも悪くも、情報量が膨大

選び放題だが、逆に選べないということにもなりかねない