明日使える!ビジネス・仕事における問題解決講座【1】

記事
ビジネス・マーケティング

はじめに

 はじめまして、Yoshiです。ビジネスやお仕事、会社でのコミュニケーションや業務の進め方で悩まれている方にお助けになればと思い、このコラムを執筆しています。
 私自身は大学院卒業後すぐに戦略コンサルティングファームに入社し約10年間コンサルタントをつとめ、国内外の大企業や官庁を中心にサポートをしてきました。また、コンサルタントの採用やトレーニングも担当していましたので、仕事の進め方や問題解決手法、よく言われるロジカルシンキングと言われるような分野には深い経験があります。

 このコラムでは複数回に分けて、いわゆる「論理的思考(ロジカルシンキング)」をベースに、チームで働くことを前提として、効率的かつインパクトを出すことにこだわった仕事の仕方=OS(あなた自身のオペレーティングシステム)をご紹介してきたいと思います。

重要なのは、ステップに分けて考えること

 初回のコラムは、全体像のご紹介という事で「問題解決の基本ステップ」に触れておきたいと思います。
 かのマッキンゼーにおいては、非常に有名な?「問題解決のセブンステップ」と定義され、コンサルタントの業務を7つのプロセスに分けて徹底して新人コンサルタントの動き方として叩き込んでいました。が、コンサルタントと一般の企業のビジネスパーソンの仕事の進め方は多少異なりますので、私流にアレンジした以下の8つのステップに分けてお話ししていきたいと考えています。
スクリーンショット 2020-07-15 11.41.56.png

 どのような仕事に対しても共通して言える事ですが、論理的思考(ロジカルシンキング)の最も基礎となるところは、「もやもやしているアナログな事象(ふつうの世界では私たちが見る、聞くことはだいたいコレです)」を「デジタルに切り分けて分類する事」です。
 つまり論理的思考に基づいた仕事の進め方とは、「仕事の進め方自体が論理的にステップ分解されている事」と言えるでしょう。なんだか訳わかんなくなってきましたね。
 とにかく分解するのです。目の前でもわっとしている現象を、問題を、数字を、ユーザーを、、分解することから全ては始まります。ですので、まずは「仕事の進め方自体を分解する」ことから始めましょう。


各ステップの詳細は次回から

 今回は問題解決の基本ステップのみをご紹介しました。この基本ステップの何処でつまづいているのか、どうしたらうまく進められるのか、こういった辺りに悩まれている方のお助けになっていければ幸いです。気に入った方はフォロー宜しくお願いします。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す