夜遅くのおやつには注意!理由と小腹が空いたときの対処法

記事
学び
お読みいただき、ありがとうございます♪
管理栄養士えまです☆

夜遅くの食事は太るとご存じかと思いますが
ちょっと小腹が空いたなぁ、
何か食べようかな、
と思うときに頭の片隅においてほしいことを
話したいと思います☆

夜選ぶおやつは糖質&脂質がたっぷり

これはフランスの研究で分かっていることなんですが
夜遅くのおやつは
自然と糖質&脂質たっぷりのおやつを選んでしまうそう。

ケーキやクッキー、チョコなどですね。

時間帯によって
無意識に食べたくなるおやつが違うのだそうです。

お昼にもそのようなおやつを食べたくなる人も多いと思いますが
夜はもっとその傾向があるそうです。

なので夜におやつが食べたくなったら
歯磨きを済ませて食事の終了とする、
食べたくなる前に早めに寝る、
などするといいですね☆


そしてさらに、あることをしているときに食べるのが
エネルギーの高いおやつなんだそうです。

テレビを見ながらのおやつに注意


テレビを見ながら食べるおやつは
エネルギーが高くなりがち。

なので「夜」に「テレビを見ながら」食べるおやつには
気をつけた方がよさそうですね!

意識しておくだけでも
ああ、人は無意識のうちにそういうおやつを食べたくなるんだったな、、
と思い直してとどまることができると思います♪


早めに寝ることが1番なのですが
でも、仕事があるし、お腹空いてしまう、、
という方もいるでしょう。。


そんな方におすすめの食品がありますよ☆


夜遅くのおすすめ腹ごしらえ

夜遅くまで起きていると
やっぱりお腹が空いてしまいます。

そんな夜遅くまで起きる方におすすめのメニューが
スープとホットドリンク

エネルギーが低いうえに
液体なので満腹感が得られます。

野菜スープやコーンポタージュ、
はちみつドリンクやホット豆乳などで
お腹が満たされますよ。

温かくすることもポイント。
温かいものは気持ちもホッとして
気持ちもリラックスできるので
気持ちも満たされて満足しますよ^^


どうでしたか?
時間帯によって無意識に食べたくなるおやつが違うことには
驚きですよね。

夜は脂肪になりやすいうえ
エネルギーが高いおやつを選びがちだということを
頭の片隅に置いててくださいね。

夜遅くの腹ごしらえには
スープやホットドリンクを♪


最後まで見ていただき、ありがとうございました^^
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す