他児の玩具をとってしまうお子さんに対して大人ができることの話

記事
コラム
子どもと一緒に遊んでいると、不意に他のお子さんの玩具をとってしまったりする場面があります

それは児童発達支援センターでも同じく、公園に遊びに行ったときに、他のお子さんの玩具をとってしまう

等もザラにあります。大変気まずいです

親子クラス、親子通園日でも同じようなことがあります。ご家族も大変気まずそうですし、周囲の関係性を保つにはお子さんを怒ったり、止める方法をとるしかないと思います

「子ども同士が相手の玩具をとり、お互いに争いになり、もうやらない」と学ぶのが同じ発達段階にあるお子さんはできますし本来ならそれが一番いいです
しかし、特性が強かったり、認知のゆがみから、その段階に踏み込めずに問題が複雑化、こじれるお子さんもたくさんいます

今回は、そんなお子さんに対して、実際に大人がどんな考え方を持てばいいか、実践をすればいいか、センターではどんなことを伝えていたかも交えてお伝えできればと思います。以下に記述していきます
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,461文字
他児の玩具をとってしまうお子さんに対... 記事
コラム
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す