(6月25日のみ無料)子どもはなぜ他害行為(たたく、押す、蹴る、噛みつく、暴言を吐く)をするのかの話

記事
コラム
子どもと関わる場面で必ず出くわすのは「他害」です

叩く、噛む、つねる、引っ張る、押す等など
多くの関わる大人を悩ませていているのではないだろうか

情緒が成長する上で、争いや自分の意思を通そうとする気持ちをたたくなどの行為で表すことは必ずありますし必要なことです

しかし、中には、感覚面や、特性面の強さ、環境面からの原因で、成長につながりにくい「他害」もあります

ここではその「他害」になり得る要素を以下にまとめていきたいと思います

衝動性が高いため

衝動性の高いお子さんは、自分が考えたことを実行に移してしまうことが多いです

そのため、「ここにのったら楽しそうだな」と思ったらすぐにお子さんの上にのってしまったり、

喧嘩中にかっとなり「叩きたい」と思ったらすぐに実行してしまうなど

本人には悪気はないけど、結果として人を傷ついてしまい、自信がなくなるケースが多いです

大人の理解も得られないと、不必要に叱責、注意が重なり、本人もあきらめて他害がエスカレートしてしまうケースもあります
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,069文字
(6月25日のみ無料)子どもはなぜ他... 記事
コラム
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す