偏食からみる味覚の過敏さ、嗅覚の過敏さに対して、どのように分析し、対応していたかの話

記事
コラム
お子さんと関わる仕事についていると必ずこの「偏食」という問題に直面します

その際、そのお子さんをどういう風に分析し、どう対応していたかを以下に記述していきたいと思います

施設での体験やお子さんの様子を基に書いていきたいと思いますので参考になれば幸いです

偏食の原因になりうること


まず偏食のお子さんの原因になりうることは何が考えられるか。以下に記述していきます

①味覚の過敏さ
塩味や甘み、辛み、苦み等、味覚が鋭敏になるのが味覚過敏のイメージです
魚の生臭さ、野菜の青臭さ、少しの辛みも敏感に感じ取ってしまいます
時には痛みを訴えるお子さんもいます

②嗅覚の過敏さ
鼻をつまむと味を感じなくなるように、偏食のお子さんは嗅覚の過敏さである可能性もあります
日常生活の中でも「くさい」と訴えることが多く、匂いに敏感に反応します(出汁などの魚臭さ等)
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,549文字
偏食からみる味覚の過敏さ、嗅覚の過敏... 記事
コラム
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す