Photoshopでの超簡単なアイキャッチ作成

記事
コラム
こんにちは。
在宅Webライターのもちころです。

9月久しぶりの更新ですね。
最近は、日中と夜の寒暖差が激しく、夏服で寝たらいいのかそれとも冬服に切り替えるべきなのか…。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、悩みどころです。

さて、今回のテーマはPhotoshopでの超簡単なアイキャッチ作成について。

ブログを書いていると、人目を引くようなアイキャッチを作りたいと考える方も多いのではないでしょうか。

実は、アイキャッチでPhotoshopを使えば割と簡単に作れるんです。

今回は、実際にどんな風にPhotoshopでブログ用のアイキャッチを作るのか、画像付きでご紹介していきますね。


画像のサイズを設定する

まずは、画像のサイズを設定します。
ブログの画像サイズで推奨されているのは、「幅1200px:高さ630px」。

Photoshopの、「新規ドキュメント」を表示すると以下のように、サイズを調整できる画面が出てきます。

coconara1.png
一番右にある、幅・高さで調整可能です。

これで、右下の青い「作成」ボタンを押して、画像作成を開始します。

適当にダウンロードした画像を張り付ける

ドキュメントを新規作成したら、背景に画像をつけます。
画像に関しては、とりあえず適当なものを、ぱくたそ様からダウンロードして使いました。

coconara2.png

背景に画像をつけたい時は、フォルダにある画像をPhotoshopの作成画面にドラッグ&ドロップすればOK。

あとは、画像のサイズを微調整すればピッタリ枠に収まります。

透明な長方形を新規レイヤーで作る

背景に画像を付けたら、新しいレイヤーを作り、その中に長方形を作ります。
coconara2.png

長方形は、ツールバーの中にある「長方形ツール」で簡単に作成可能です。

よくあるブログのアイキャッチのように、長方形の部分だけ透明にしたい場合は、右画面にある「不透明度」で微調整すればそれっぽく見えます。
coconara3.png


適当な文字を入れて完成

ある程度完成したら、あとは文字を入れるだけです。

文字を入れるときは、新規レイヤーを作ってツールバーの「横書き文字ツール」(Tアイコンのもの)をクリックし、入力します。
coconara4.png


文字の外側に色を加えたい場合は、文字レイヤーを選択しながら、下にある「fx」というツールを使いましょう。

「fx」→「境界線」を選ぶと、文字の外側に色が付きます。
coconara5.png

(初期設定の時は、位置が内側になっているので、「外側」という部分に変更しておくと便利です)

まとめ


これで、それっぽいアイキャッチが完成しました。

完成したもの↓
ココナラのアイキャッチ.png


私自身も、まだPhotoshopを完全に使いこなせているわけではありませんが、ちょっと慣れてきたらこんな感じでアイキャッチが作れるようになりました。

Photoshopは、どちらかというと画像加工や文字入れに特化したソフトなので、他のブログのようにオシャレなものは正直作れません。

(デザインだったら、illustratorが一番向いているそうです)

ただ、シンプルなアイキャッチ程度なら作れます。
その他、画像合成や切り抜きなども可能です。

Photoshopで画像作成ができるWebライターを探している方は、ぜひDMか見積もり相談にてご連絡ください!

それでは、また次のブログでお会いしましょう。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す