レベルが変わる!新規営業テレアポ会話マニュアル&テンプレート

記事
ビジネス・マーケティング
新規営業をしなくてはいけなくなった。
テレアポをしなくてはいけなくなった。
でもやったことはない。
全く想像がつかない。


もちろん売るべき商材、サービスのことは分かっている。
でもいきなり電話して話を聞いてくれるだろうか。
露骨に嫌な反応をされて、木っ端微塵になるのでは?
そんなこれから新規テレアポをやる環境に身をおいた方々に向けた
新規テレアポの会話場面にフォーカスしたマニュアルをご紹介する。

本来は自分でトークを考え、模擬練習(ロープレ)をし、本番にのぞむ方がいいに決まっている。
でもなかなかそういった教育体制が整った組織ばかりではないし、
初めてだとまずは自分だけで何ができるか考える人も多いだろう。
(本当は数人チームで知恵を出し合い、進める方がモチベーションも保てる)

ただ経験上、いざテレアポをする時、うまく口が回らないことも多い。
それは何故かというと練習量が足りないからだ。
これは人に寄るから一概に言えないが、私の周りでもテレアポができる人間は限られており、 できない人は全くできないし、やってみようという思考にすらならないようだ。 

飛び込み営業と同じで、やれる人間とやらない人間とに分かれるスキルだ。
幸いやらなくてもなんとかなる環境(これも甘いのだが)に身を置き、しのいでいる人間もいる。

もちろんテレアポが初回アプローチのすべてではないし、紹介や人脈からの仕事の方が、
潜在的ボリュームや成約確度が高いケースもままある。
でも実際はそのような紹介からの仕事は限られている(個人事業主などは別)。
だからこそ仕事をゼロから作っていける営業が価値を持つ。


今回のテーマは新規テレアポの会話構成と流れの話。
テレアポには営業のあらゆる要素が詰まっている。
テレアポ全工程に関して網羅したマニュアルは、
前作「テレアポができれば営業がもっと楽になる」を読んで欲しい。
営業活動に戦略的にテレアポを組み込む術が書いてある。
今回はその中でもテレアポ電話時の会話に注力して書いていく。
テンプレートもたくさん用意するので是非参考にして欲しい。

これを読めば、全くの初心者でも明日からテレアポができる会話のテンプレートを目指した。
テレアポの会話は、その時の相手と自分のコンディションも関係するし、場慣れも大きい。
最初は恥ずかしさから声も張れないかもしれない。
だからこそ、こういう会話を重ねることで相手とのトークが進んでいくというシミュレーションを複数パターン頭に入れて置くことで、慣れるスピードも段違いに速くなると思う。
では始めよう!!


この続きは購入すると読めるようになります。
残り:7,114文字
レベルが変わる!新規営業テレアポ会話... 記事
ビジネス・マーケティング
1,000円