「即利用可」 YouTube動画に関するノイズ除去、音響効果 業務委託契約書 雛形 すぐにご利用いただけます。

記事
法律・税務・士業全般
契約書は、項目を原則自由に作成することができます。

そのため、当事務所では、相手方に不平等を感じさせない範囲にて、ご購入者様(ご依頼者様)が有利になるようなご契約書作成を心がけております。

トラブルの際、不利にならないご契約書を求めていらっしゃる場合には、是非ともご購入(ご依頼)いただけたらと思います。

また、契約書は自由に作成することが可能ですが、契約書が公序良俗違反(社会規範に反する内容違反)等に該当する場合などは、契約書(契約)自体が無効となります。

そのため、当事務所では、法的な確認も含め実用的なご契約書作成を進めさせていただいております。

本サイトで販売しておりますご契約書は、ご購入者様のご希望通りに編集することが可能です。

また、契約書作成の専門家である行政書士三浦国際事務所所長の三浦が、ご購入者様のご意向に沿って編集させて頂くことも可能です(こちら別料金となります。難易度や編集量によって料金は異なりますのでご了承ください)。

ご相談は無料となりますので、お気軽にご相談ください。



「契約書概要」

YouTube動画に関するノイズ除去等の音響業務を委託(受託)される際の業務委託契約書となります。

汎用的な内容のご記載となっておりますので、YouTube動画に関するノイズ除去等の音響業務を委託(受託)される際の様々な場面でご利用いただける作りとなっております。

現在は、第8条(知的財産権の帰属) にて、

本業務遂行の過程で生じる発明、考案または創作について、著作権(著作権法27条及び28条の権利を含む)、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権等の知的財産権を受ける権利及び当該権利に基づき取得される知的財産権は、甲に帰属する。なお、乙は本業務遂行において発生した、著作物に関する著作者人格権を行使しないものとする。

という記載となっています。そのため、編集後の動画の著作権は委託者様に帰属し、受託者様は編集動画に関する著作権を委託者様に譲渡する内容となっております。

そのため、受託者様が編集された動画を、委託者様が自由に使用できる作りとなっております。

※こちらのご契約書は、当事者様の合意内容にてご自由にご修正をいただき、ご使用をいただくことが可能です。



業務委託契約書

        (以下「甲」という)と        (以下「乙」という)は、業務委託契約(以下 「本契約」という)を次のとおり締結する。 

第1条(目的)
1, 甲は、第2条に規定する業務(以下「本業務」という)を乙に委託し、乙はこれを受託することを目的とする。
2, 甲は、乙の本業務遂行に際して、必要な協力を行うものとする。

第2条(本業務)
1, 乙は、下記業務を行うものとする。
(1)YouTube動画に関するノイズ除去等の音響業務
(2)前号に付随する業務
(3)その他、個別契約で別途定めた業務

第3条(報酬)
甲は乙に