「原稿を依頼したい!」と思った時に読むブログ

記事
コラム
はじめまして、ライターとして活動しています河合です。
最近「ココナラ」さんのようにフリーで活動する人にとって大助かりなサービスができたことで、依頼する側にとっても、自分にはできないことを知人以外の知らない人にも安価で、気軽に頼みやすくなったのではと感じています。
そんな時代背景のなかで1年以上前から「ココナラ」で出品している私がしばしば感じること、それは「依頼はしやすくなったけれども、”どう”依頼したらいいかわからない」という方が多いこと。例えば下記のようなことが思い当たる方、多いのではないでしょうか…?

・自分の書いてほしい原稿って、何円くらい出せば受けてもらえるんだろう?
・こういう原稿を書いてほしい、ってどう伝えればいいんだろう?
・ライターさんにとって何を伝えると受けてもらいやすいんだろう?
・ライターさんって何でも書けるのかな、、、

結果として、その方がお願いしたい原稿量からすると良くも悪くも不釣り合いな金額を購入されていたり、いやいやその納期では到底間に合わないから事前に相談してほしかった…なんて場面に出くわしたり。でも、冷静になって考えれば当然。出版社や新聞社じゃない人にそこまでわきまえてくれっていうのも無理な話です(笑)

前置きが長くなりましたが、そんなことから「初めて原稿を依頼する人にぜひ、ライター(執筆者)へ最初に伝えてほしいこと」をブロクで書くことにしました。


1.ずばり!ライターへ伝えてほしいこと

 もちろんこれは私個人の考え方に過ぎない部分もありますが、一応出版社で依頼する側も経験したうえでの、【最低限、依頼時に伝えてほしいポイント】です。
・原稿の文字数(ページ数)
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,114文字
「原稿を依頼したい!」と思った時に読... 記事
コラム
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す