SNSマーケターが考える、とってもカンタンな「ハッシュタグ」の考えかた

記事
ビジネス・マーケティング
こんばんは!
冬野おさやです。

久々のココナラ投稿となってしまい少しキーボードを打つ手が震えています笑
今年も約半分が過ぎましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

早速本題に移る前に…、今日はちょっと具体的なお話をしたいな〜と思います。
そう、タイトルにもある通り「ハッシュタグ」のお話。

Instagramを筆頭に、youtubeでもブログでも欠かすことができなくなったハッシュタグ。
きっとどう付けたらいいかな?とかこの方法で大丈夫かな?と多くの人が悩む箇所ではないでしょうか。


どストレートに答えを言ってしまうと、「どのハッシュタグをつければいいという『正解』はない」けれど、


「そのハッシュタグをつけて、私(あなた)はどうしたいの?」

という原点を考えていくと、割とすんなり動線が決まります。
これは、本当に本当のガチよ。


あなたのアカウントは、どっち?

わかりやすい例でいうと、Instagramでダイエットアカウントを運営している人がいるとします。
するとアカウントの運用方針が2つの目的に分かれるんです。


「Instagramのフォローやいいねをとにかく増やして認知度を上げたい」

「SNSの影響力よりも、その先のLINE公式アカウントに繋げたい、顧客(お金を払ってくれる人)を誘導したい」


どのジャンルのアカウントもこの2通り、むしろそれ以外の方を見たことがないくらい正確にこの答えに分散していきます。


これはつまりどういうことかと言うと、優先度の違いです。

前者は、
アカウントの認知>顧客の獲得

後者は、
顧客の獲得>アカウントの認知


ちなみにどちらがいいとか悪いというのはありません。
どちらも等しく大事なことです。

ただ、自分の目的が今どちらに向かっているかをはっきりと決めることが、アカウントの運用方針に、ひいては集客の結果にダイレクトに結びついていきます。

今の例でいえば、フォロワー数が欲しい!だったら投稿数が多めで認知が増えやすいハッシュタグを多めにつけたり、類似したキーワードを多めにつけるといった方針に繋がっていきます。(顧客の獲得なら逆になる)



人間は曖昧なことは居心地が悪く感じるもの。
現時点の答えを決めるだけでもスッキリした気持ちでSNSに向かえるはずです。

もちろん途中で方針を変更してもOK!
むしろここは積極的に色々と試して、「自分に合った発信スタイル」を身につけてしまえばそれが最強です。


どうしても迷ってしまう、プロの力を借りてみたい!という方はぜひお気軽にお問い合わせください。

というわけでいかがだったでしょう?
ちょっと今までとは違うアプローチで考えることができるんじゃないかな?と密かに思っています。


それでも、私も時々思うんですよ。

「決めるってめんどくさいなー」とか、
「誰かに相談して納得する答えで進みたいなー」みたいな…、

そんな気持ちにすごくなります笑
これは当たり前のことだから思っても全然大丈夫。


そんなときは、ぜひプロに頼ってください。
あなたの不安を一緒に解決しちゃいましょう!

ハッシュタグのお悩みも、アカウントのお悩みも、プロから見た目線と発信者自身が見る目線では全く違います。

悩んでいたことが、実は悩まなくてもいいことだった…なんてこともザラ。
その反対で、実はとんでもない爆弾を見つけちゃった!なんてことも日常茶飯事です笑


これを機会に私と一緒にアカウントをもっともっと魅力的に変えていきませんか?
ぜひお気軽にご相談くださいね!




少し長文になりましたが、お読みいただきありがとうございました。

あなたのご活躍を心より願っています。

冬野おさや
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す