自粛ムードだからこそ運用型広告を実施すべき3つの理由

記事
ビジネス・マーケティング
新型コロナウイルスの感染拡大防止のために自粛ムードが広がっています。
そんな中でもデジタルマーケティング、特に運用型広告を実施・継続すべき理由をまとめました。

|広告単価が低下している

運用型広告の多くが、複数の広告主からの入札形式で広告の表示単価を決定しています。
緊急事態宣言が発令されるような不測の事態で、ビジネス存続の危機にある会社は広告宣伝費を縮小、削減してきているため、広告入札単価、表示できる単価が低下してきています。

|インターネット利用時間が増加している

在宅勤務が始まるなど、働き方に大きな変化が起こっています。
外出自粛にあわせて自宅でのインターネット利用時間が増えているでしょうから、オンライン上でこれまで見向きもしなかったサービスを検討し始めたり、検討していたものの購入しなかった商品を再考、吟味したりする時間も増えていることでしょう。

|競合より一歩先をいける

広告単価の低下とも似ていますが、各企業は広告出稿の在り方を模索しています。
新しい方法で新しい顧客を惹きつけていくことで、広告効果の最大化を果たすことができます。

|まとめ

今回は簡単にまとめましたが、ビジネスを拡大するには常に考えながら行動することが求められると思います。
広告出稿する余裕がない企業もたくさんあるとは思いますが、ピンチをチャンスに変えていきましょう。

もし運用型広告を実施したいけど、
・なかなか費用対効果が改善しない
・広告制作費用がない
・広告運用に手が回らない
といった悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ私の提供サービスをご検討ください。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す