【本当にあったトンデモ教師大解決シリーズ】本気で授業中居眠り!特別支援学級担任!大解決!

記事
コラム
1人が購入しています
小学校・中学校・特別支援学校の元教師かずみん教授が、
本当に出会った、とんでもない教師に対する事例や解決方法、
ストレスにならない考え方をお伝えします。

※すべて本当にあったお話しです!

もくじ

【嘘でしょ?本気で授業中居眠り!小学校特別支援学級担任!】

1. 居眠り特別支援学級担任の特徴
  こんな時!レッツトライ!

2. 校長の対応
  番外編:教頭に言われたこと
  こんな時!レッツトライ!

3. 解決方法
  子供が犠牲になっている!事実を伝えられるのは私だけ!
  教育委員会から通達がキター!

4. ストレスにならない考え方

1. 居眠り特別支援学級担任の特徴

毎年学級崩壊。
児童、保護者とトラブルを起していた
小学校50代後半男性教師。

前任校でも同じようなトラブルを起こしており、
悪い意味で、
市内の教員で知らない人はいないほどの
有名教師です。

特別支援学級担任となる、
前の年までは、
5年生、2年生の通常学級担任。

毎年学級崩壊。

この居眠り教師が
5年生担任の時は、

子供たちが親さんに、
授業中に居眠りしていたことや、
授業が成り立っていないことなど、
学校であったことを話すので、

毎日学校に苦情が来ていました。

次の年は2年生担任。

この男性教師は、
他の学校でも2年生担任ばかりしていました。

なぜ2年生担任ばかりなのか!!

それは、

1年生は、
初めての学校生活なので、
教えることがいっぱいです。

というわけで、

1年生の担任は、
ベテラン先生
または
しっかり指導ができる先生が担任になります。

2年生だと、
学校生活も慣れてきます。

まだ低学年なので、
先生の言うことをききやすい。

なので

居眠り教師は
他の学校でも
2年生担任が多かったんですね。

また、
初任者の先生など
経験が浅い先生が
2年生担任になることが多いですね。


ではなぜ校長は、
学級崩壊をさせた教師が、
手がかかる子どもが集まる、
特別支援学級の担任にしたのか、
不思議に思いますよね。


それは、
通常学級30人の親さんからの苦情よりも、

人数が少ない特別支援学級の親さんからの方が
苦情の数も減るという
自分の保身しか考えていないということです。

また、
特別支援学級のお子さんは、
上手く話せない子が多いので、

学級が崩壊していても
なかなか問題になりません。

そして、
人数が少ない
特別支援学級だったら、
なんとか教えることができるのではないか。

そのような考えから、
特別支援学級の担任に配属しました。
(校長については後ほど詳しく)

授業中居眠りをする50代後半男性教師は、
知的障害学級の担任。

私は、
情緒・自閉症学級の担任兼特別支援学級の主任となりました。

特別支援学級担任となった居眠り男性教師は、
毎日、授業中、休み時間と寝ていました。
スクリーンショット 2022-01-01 18.12.08.png

授業中、
1年生女児を抱っこしたまま
一緒に寝ていることもありました。

この教師が居眠りしている間、
他の子どもたちは放置状態。


毎日このような状態なので、
子どもたちが勝手な行動をし始め、
2学期からは、
担任の言うことをきかなくなりました。

居眠り教師は、
子どもが言うことをきかないと、
怒鳴って、
廊下に子どもを出し、
教室に入れないこともありました。

力でねじ伏せる!

廊下に子どもが出されるたび、
職員室に連絡して、
誰か先生を呼んでいました。

給食では、
特別支援学級2クラスが、
一緒に食べていました。

居眠り教師は、
自分の給食が食べ終わると、
そのまま居眠り(昼寝)・・・。

眠っていると、
特別支援学級の子が、
起こしていたこともよくありました。

しかし、

子どもが起こすと、
「寝ていない!」と言い張り、

子ども「寝ていた!」
先生「寝てない!」
子どもと言い合いする姿・・・。

私の「〇〇先生、寝ていましたよ。」
と言う言葉で一件落着・・・。

こんな状態ですが、
居眠り教師はプライドが高く、
自分は仕事していると思っています。

でも実際は居眠りして仕事をしていない。
もちろん、
特別支援学級の親さんから信頼もゼロでした。
こんな状態なので、
居眠り教師が担任している
特別支援学級の親さんが、

特別支援学級の主任である私へ
よく相談に来ていました。

親さんと私が話す様子を
居眠り教師が見ると、

担任である自分を抜きにして、
かずみん教授が
親さんと勝手に話しをした!
という事で、

「担任飛ばし!」(担任抜きで話すこと)

と私に怒りに来ることが度々ありました。

注意するのも、
保護者からの相談を受けるのも、
本当に大変でした。

▲▲▲
こんな時!レッツトライ!
▼▼▼
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:4,481文字 / 画像2枚
【本当にあったトンデモ教師大解決シリ... 記事
コラム
500円 1人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す