【小中学校・特別支援学校元教師がぶっちゃけます!】安心してください!モンスターペアレントではありません!

記事
ライフスタイル

みなさん こんにちは

小学校・中学校・特別支援学校元教師の
かずみん教授でございます。

通常学級、特別支援学級、
特別支援学校で担任をしておりました^ ^

読んでいただきありがとうございます。

今日は
「モンスターペアレントではありませんよ」
をテーマにお話しをします。

私が小学校の教師をしていた頃、
こんなことがありました。


学級崩壊しているクラスを知っていても、
大した対策は取らない。

現場の教師が校長に意見しに行っても、
内輪の揉め事
片付けられてしまうことがありました。

現場の教師の言うことに耳をかさない。

自分の保身ばかり考えている校長だと、
ぜ~~んぜん、学校を改革しません。
見て見ぬふりです。

ぶっちゃけ校長は、
波風立てずに退職まで行きたい。

「俺のところに問題持ってくるな!」
って言われたこともあります。
(嘘のような本当の話)
そこで、保護者のみなさま。
ご協力ください!

お子さんが、困っている、以前と様子が違う。
授業参観や懇談など、担任と話して、
この担任はおかしい!
授業が成り立っていない!
と、思ったら、
速攻、
校長へ言いに行ってください!
校長に言っても、改善されない場合は、
教育委員会へ!
教師が働きかけているのに、
変わらない場合があります。

正直、
現場の教師も困っている場合があります。

お子さんが危ないんですっ!
モンスターペアレントって思われないかな~
クレーマーって思われないかな~
なんて、
ご自身を守っている場合じゃありませんよ。
親が子供を思う気持ちを、
素直に話せば大丈夫!

私も親さんと協力し、
授業中に居眠りする
とんでもな特別支援学級担任を
交代させました!

教師時代、
学年主任の私が動いても、
なんともならない状況があるんです。

最後まで読んでいただいた方だけに
とっておきな情報をぶちゃけます!

学校は、
親さんからの意見が怖い!

なので、
親さんが学校に行って
「話したいことがあります」
というと、
ビビる校長や先生が多い!

親さんが話した方が
話が早く進む!

これを生かしてください!

大事な心得としては
『一緒に解決方法を話し合いましょう!』
『一緒に学校を変えていきましょう!』
です。

戦闘態勢でいくと、
相手も構えて意固地になって進みません。

親さんだからこそできます!


どうやって学校に
言えばいいのかわからない!

どうやって学校に
働きかけたらいいの?

学校への話し方、
どう話したら先生たちは動くかなど、
具体的なご相談ものっております!
こんなことあったんだけど!
聞いてほしい!など
お気軽にご相談を!

あなたの身近な相談相手
かずみん教授でした。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す