おもてなし・対人関係の礎【認める】-其の1

記事
ライフスタイル

対人関係・おもてなしの原点「認める」=承認欲求満足
認める原点1.jpg

〇人間関係の原点「認める」

私達は、他者に生かされ、認められ
生かされながら日々生活をしています。
他人に「認められたい」と思う気持ちは、
人間である以上みんな多少なり持っています。

しかし、何人、何事に対しても
「認められたい」「認めて欲しい」「認めさせる」
などと言った 「見返り」を意識した活動は、
決して良い結果を生まないことが多いと思われます。
人に「認められたい」と思うなら、
先ず自分から「認める」活動に専念すべき、と思います。

例えば、挨拶。
挨拶の語彙(心を押し開く)を知っていて、

▶誰にでもこちらから進んで挨拶する人。
▶認められたいから、こちらから挨拶する人。
▶その時の気分(感情)で、挨拶をする人。
▶好きな人、認めて欲しい人、認めさせたい人だけに挨拶する人。
▶挨拶された人だけに返す人。

このように挨拶一つを取って見ても、
様々な「認める≒認証」活動があります。
他人に「認められる」ことは、
「認める」ことの結果と捉え自分を
「認めて貰いたい」や「認めさせたい」
と言う気持ちや「アピール(顕示)」
ばかりを意識し、自らが何らかの
『見返りを求めたり、望んだり』する
言動や態度は 結果として誰からも
「認められない」要因・要素となると、
心得て置いた方が良いでしょう。


今の日本の社会で薄れつつある意識を表している
「美しい花は、己の綺麗さを
  知らず可憐に咲いている」の語は、 
私達日本人の控えめで慎ましい心や
侘び寂びの心を表現している言葉です。

これは、まず相手を思いやる心であり、
日本の心とも言える「おもてなしの心」です。

〇総ては、他者を
「認める=認知する」心身の活動から

その人物や話しを受け入れる(受容)は
その人を認めることで、その相手を「認める
と言うことは、
「私は貴方の言うことをきちんと聞いています。
  貴方の言うことは私が耳を傾けるだけの
 価値があると思っています。
  貴方がそういう意見を持っている
 ということをちゃんと理解しています」
と言うことを

言語的、或いは非言語的コミュニケーション
と言う手段を使い相手に現し伝えることです。

人にはそれぞれ、その人が持っている
「良さ」があり、その「良さ」を見つけ出す
ことが自然と人を認めることになるのです。

常々、人の「良さ」を探すようにすることは
自分自身の成長にも繋がりますので心掛けましょう。

他人を素直に認め、受け入れるようにすると、
自ずとあなた自身も認め受け入れて貰えます。

※「認める」の原義
【認める】=見える、気付く、判断する、よいと評価するとあり、
1.目にとめる。存在を知覚する。気付く。 
2.見て、また考えて確かにそうだと判断する。
3.正しいとして、また、構わないとして受け入れる。 
4.能力があると判断する。
5.気をつけて見る。じっと見る。
・・・・・とあります。 

熟語として「認可・認定・認容・
公認・承認・信認・否認・黙認・容認」
などが挙げられています。

※認識=物事を見分け、
   本質を理解し、正しく判断すること。
   また、そうする心の働き人間(主観)が事物
  (客観・対象)を認めそれとして知る働き。知識。)
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す