生き抜く知識と知恵⇔感情・理性(診断)=識別判断力

記事
ライフスタイル

感情と理性☑自己診断

理性・感情体技.jpg

感情も理性は子供と大人、新人とベテラン、心の器の大小・強弱、
高学歴の有無、生い立ち、生活環境(格差)、自分への関心度、
目標(夢)の有無、活動環境(心と職場)などに拠って個人差があります。
感情は【時・場・相性・性別・立場・常識(判断基準)・モラル】
などや経験度(≒年齢)によっても個人差が出易いと意識する。
一方、理性は特に【心の成熟度、立場(社会的・対象別)、自制力】の
意識や必要性の有無や大小に拠っても異なります。
※以下の項目は一般的な項目として捉え選びました。
☑理性の診断項目⇒(トリルとしても使えます)
※一般的に人は、各々の心の位置・器の大小が異なります。
 拠って、今の自分に必要ない項目は
 [―]とすることをお勧めします。

☑理性と感情診断

 [ ]内は、有〇・無✖・どちらともいえない・?△で記入

1.[ ]社会人としてのコンプライアンスを理解認識している
   (自らが置かれている地位や立場の
   コンプライアンスを理解認識している)

2.[ ]日本独自の心の教え(武士道・侘び寂び・茶道)を理解している

3.[ ]自分の心と正直に向き合える(自心に嘘・言訳をしない)

4.[ ]自分の発した言葉の重さを認識し、責任が持てる

5.[ ]その場、その時の感情で(≒好き嫌い)人や相手と接しない

6.[ ]人としてのモラル(マナー・エチケット含)を備え持っている

7.[ ]人として正しい道(八正道)を以って、人や事象を捉えている

8.[ ]人は、総てが解り合えないことを互いに解り合う活動をしている

9.[ ]道理(人の道)を意識し生活している

10.[ ]理の文字の成立ちと語彙を理解認識している

11.[ ]実生活で礼儀と節度を重んじている

12.[ ]聴く、徳の旁「直き心」を意識して人と触れ合える

13.[ ]人の心や言行(≒報告・連絡)を無視しない(メール等含)

14.[ ]人の煩悩・欲の存在を認めた上で人間関係を築いている

15.[ ]理性と感性をバランスよく配分出来る

16.[ ]正義感・善悪意識を実生活で生かしている

17.[ ]刹那な(感情に流される)生き方はしないよう意識している

18.[ ]時には「負けるが勝ち」と捉え人と触れ合いや社会生活をしている

19.[ ]人間だけでなく、物にも心があることを理解している

20.[ ]自心や立場を第三者(顧客)目線で見られる

21.[ ]立場を理解し合う事によって得られる様々な要素を推測できる

22.[ ]どんな時でも平常心で人に接し、会話出来る

23.[ ]他人の喜びを我が喜びと出来る

24.[ ]困難辛苦の時こそ他者のことを思考出来る

25.[ ] 仕事や生活での色々な障害があっても諦めず活動する

26.[ ]相手の発する一言ひと言を何故の意識で考えその心を察する

27.[ ]広い心でお互い納得出来るまで話し合える

28.[ ]苦言・忠言を真摯に受入られる

29.[ ]相手の資質に見合った解説・説明(プレゼン)が出来る

30.[ ]1/2の法則(要因の半分は自分にある)を実社会で意識している

31.[ ]ルールブック(マニュアル)とガイドライン(テキスト)を使い別けられる

32.[ ]知足の心を理解し実践している

33.[ ]揺るぎない心の礎、ブレない心の軸を備え持っている 
34.[ ]先人の残した名言・格言を選択し生き方に活かしている

35.[ ]未知のことは体験者と同じことや意識を実際に体験する
・・・など
~35.jpg


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す