自立心-信頼の礎=識別判断力

記事
ライフスタイル

信頼の礎☛自立心


自立心.jpg

自立心(自主・自発心)は、物事を行ったり、
判断する場合に命令を下されなくても出来る人間力です。
自立心(自主・自発心)には目標の選択、
その目標の達成過程の プロセス・手法と言う
実用的な計画を建てることまで含まれています。 

1.目標を明確に具体的に決定すること。  
 「私は達成したい」と抽象的に捉えないで、
  具体的に6W3Hで目標達成を正確に述べることです。

2.目標達成のための実際的な計画をつくる。
⇒目標チャレンジシート
 このシートはあなたの体験、仕事上の知識を
 全て生かして計画の礎とするのです。
目標ビジョンチャレンジシート新.jpg


3.自分自身の能力とあなたの計画に対し、強い信念を持つ。
  この信念で、計画実施の、はっきり目標が
  具体的に目に浮かぶようにすることです。

4.例え失敗しても、失敗を繰り返す度に
  悲観ぜず、その気持ちを乗り越えるようにする。
  仮に、何かの障害のため、ある計画がつまずいても
  その時これなら出来る と言う確信を持てる別の計画を
  練り直せるバイタリティを持つことです。

5.他人の言動に惑わされない。  
  人の生活に対し非難をしたり、
  一所懸命に努力していることを、アレコレいう人は   
  多くあなたを悩ますかもしれませんが、
  強い信念を持ち気に掛けないことです。

6.自分の活動には時間の制限はない。
  目標達成をするため、成功のために必要な
  あらゆる時間を惜しんではなりません。

7.一つの事に集中することを心掛ける。
  雑念の多い乱雑な心では、考えや創造力を
  捜しだすのが不可能となります。   
  他に気をとられずに、自分の仕事に集中しなげればならない。  
  立派なリーダーや優秀なセールスマン達にとって、
  自立心(自主心・自発心)は成功の「礎」です。

自立的(自主的・自発的)な意識、言動は 対立や不遇に
耐えていくための“バックボーン”となります。
それは当然ながら自分を磨き、また、仕事上で
一層重大な責任を持てる能力を授けてくれるのです。
一方自立心を持っている彼らは
「あれをする時間が足りなくて困るんです」
と口にしません。

実用的な計画を自分で作り、時間や才能を
最大限に生かして使えるようにしています。
それが大きな信頼を創り、より多くの人より
多大な支援を受けることにもなります。

二分の一の法則

二分の一の法則新.jpg

《人を動かすのは自分の力、
 良し悪しに関らず人に受けるのも自分の力》

この事を、私見ながら「二分の一の法則」と称し
人との出会いや触合いに意識するようにし、
日々の生活に活かせるように心掛けています。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す