心の境界線-当たり前と見返り=識別判断力

記事
ライフスタイル

当たり前と見返りを求める心
心の境界線枠付き.jpg

一人の人間として、共に生活する仲間として大切にしたい心
人は、好かれたい、認められたい、愛されたい、信じてもらいたい、
信頼されたい、感謝されたい、このようなことは、多少に関わらず、
相対する人に何らか見返りを望み求めることの表れだと思います。

▶人として相手にされたことに対し、
 当たり前に返すべきことは見返りなのか?

▶人としての当たり前と応えるべきこと
 ≒見返りを求めること、の線引きは何処でするのか?

▶気遣いや思い遣りに応える活動は見返りか?

▶人として、社会人として挨拶して当たり前と言う意識
 を持つことは見返りを求めることなのか?

▶冠婚葬祭や祝い事などと言った場に、立ち会うのが
 当たり前と考えることは見返りを求めることなのか?

▶感謝や礼は、手段を考えて伝えるのが当たり前と思うことは
 見返りを求めることになるのか?

▶自分の常識で、相手を無視せず応えることが、
 当たり前と言うことは見返りを求め過ぎなのか?

など、他人の言動や態度を自分の常識の
「ものさし」で判断することがあります。

他者に親切やお世話をする時に、
果たして見返りを期待しない方が良い。
他人から責められたくなければ、
自分から他人を責めてはならない。
そう心(頭)で理解していても、実行することが出来ないのが人間です。

やはり、好きな人には、
自分も好かれたいと考え願う、
見返りを求めてしまうものです。


例えば、
自分のしたことで、人としての徳が積めた、
本当に良いことが出来たと思えれば、
何もその相手や周りからお礼を言われ、
賞賛されずとも自分自身が嬉しくなり満足出来ます。

人はきっと最初に何か見返りを期待していると、
自分自身が良いことをしたというそのことだけのことに
満足出来なくなってしまう結果に成ってしまうのでしょう。


何か自分自身も良いことをした時に、
ついつい礼やお返し、または、
認知されたい誉められたいなどという
気持ちが心の中におこっていないか、否か、
ということによくよく気を付けたいものです


社会人になって対人関係で、善し悪しに関わらず
様々な「見返り」と言う言葉の持つ意味を知り、
よく子供の頃に見かけた親達がお世話になった方々に、
忘れずに何らかのお返しをしていたことを思い出しました。


日本では、何かをして頂いたり、
物品を頂いたりするなど、
こちらから感謝をしなくてはならない時、
何らかり形でお返しをする風習がお中元やお歳暮
と言ったことによって古より表わされて来ました。

普通の人間は、他人の出来ないお世話をしたり、
何らかの形ある物や物品などを差上げたりした時、
無意識の内に感謝と言う見返りを求めてしまうものです。

例えば、
▶人に好かれたいと思うより、
 人を好きになる活動をする。

▶信頼されたいと思うより、
 先ず多者を信頼することに心掛ける。

▶愛されることを求め望むよりも、
 こちらから愛するほうが幸せに成れる。

▶魅力は与えるもの、他人に魅力を
 求めたり望んだりしてはならない。

▶他人にお世話や親切にする時には、
 無私に心掛け、見返りを望み求めないで行う。

▶他人から批評や批判されたくなければ、
 自分も他人の批評や批判してはいけない。

▶他人から責められたくなければ、
 自分も他人を責めてはいけない。

と言えることがあります。
結論として、
私心なく人に接し事象に対峙すれば、必ず形を変え
「何らかのモノやコト(心含)で自分に戻る」
ということを多々実体験出来ました。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す