信頼=信頼関係の構築

記事
ライフスタイル
『信頼関係』の構築は、
互いに心を備え持った人と認めた上で、

1. 「互いの小さな信用の積み重ねによって築かれること。」

2. 「警戒心を持たず、心を開いていること。」

3. 「互いが無条件、かつ一方的に信用していること。」

4. 「一方的な思いやりが双方向に生れた状態のこと。」

5. 「信頼関係は慎重に作るべきこと。」

6. 「けじめと節度を持つこと。」

7. 「場合によっては甘え合えること。」

8. 「お互いの心や態度を受け入れていること。」

9. 「相手の言動の結果が予測出来る範囲内にあること。」

10. 「互いが自ら指差すこと。」

11. 「互いの意識、思考、物事の捉え方や判断
  と異なることでも許せること。」
12. 「お互いが許し合えること。」

13. 「互いに依存し合うところに根差していること。」

14. 「互いに我慢や自制すること。」

15. 「お互い関係を感情の刃で絆を切り、絶つことが出来ること。」

16. 「優しさだけでは、信頼の絆は作り得ないこと。」

17. 「対象の人が、こちらが信じていることに反する結果を
  選択しても裏切りとは言えないこと。」

18. 「信頼関係の成立は、信じたのは自らの責任であると言い切れること。」

19. 「絶対に裏切られることはないと確信を持てること。」

20. 「信用と信頼は、互いに切り離すことが出来ないこと。」

他にも、信頼構築の要素は様々なことがあります。

お互いが認め合い受け入れ、相手を思い遣り、
誠実な態度と心、感謝の心を持ち、
表現し伝達することは「信頼」関係を構築し、
「絆」を創り上げる為に無くてはなりません。

<辞書検索>大辞泉によると「絆」とは、
<人と人との断つことのできないつながり。
 離れがたい結びつき。>
「信頼」は、
<信じて頼りにすること。頼りになると信じること。
 また、その気持ち。>
とあり、信頼と深く関わる
「信用」については、
<確かなものと信じて受け入れること。
それまでの行為・業績などから、信頼できると判断すること。
また、世間が与えるそのような評価。>
とあります。

即ち、倫理意識と人間的要素の判断力が必要です。

信頼を築き「絆」を作る≪15ヶ条≫

1. 大切な人の“大切な・・・・・を”大切にする

2. 感謝の心の表現、伝達が常に出来る

3. 思いやりの心で人と触合い、その伝達出来る

4. 受容の心を備え持つ

5. 優れた感性を持ち、共感出来る

6. 誠実、謙虚である

7. 立場転換意識で、触合う他者を見守れる

8. 奉仕(施し)の精神で何事も行える(見返りを望み、求めない)

9. 豊かな知恵と確固たる信念を持ち、現実に行動出来る

10. 周りの人々に安心感を与えられる

11. 常に自分を省み、陰日なたなく自己啓発出来る(己を磨く)

12. 「幸せ」や「利」を分け合える(利他・分度)

13. 己を律することが出来る

14. 自らの言動に自己顕示(利己意識)が無いかを省み自制出来る

15. 真摯に先達の意見を傾聴し、他者に受けた情けを心に刻めること。

以上を人としての「信頼」を表す、
代表的な要素として取上げてみました。
これからの普段の生活の場や厳しさを増す
社会環境を生き抜く上で、一人ひとりが人としての
「絆」を創って行くことがとても大切で重要です。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す