信頼の識別判断力👈≪信頼度≫を見極める

記事
ライフスタイル
実体験から得た
人間力「信頼」の識別判断力=ジャッジメント

識別判断力」は倫理的(コンプライアンス)判断力
リアルとバーチャルの心の基礎体力=EQ
(思いやり・感謝・誠実・信頼・謙虚・寛容など)
スキルと経験を含む人間的判断力を言います。
言い換えると心眼、洞察力を用いた人・事象を
適切に判断する力とも言えます。

今の日本人に最も必要な人的要素(スキル?)。
良し悪し、善悪、適時適切な対処・対応・応対、
状況判断、人物判断、目標設定などの判断力。

現代社会は個人主体の環境になり
人と人の繋がりが希薄なって来ています。

人としての幸せで心豊かに生活するために
私達一人ひとりは、「信頼」の「絆」を深め、
確りと築いて行かなければなりません。


信用は文字の示す通り、
信用は信じて用いると書き、
信頼は無私の心で
信じ、頼ると書きます。
信頼は小さな信用の積み重ねが
大きな信用となり、そこで初めて
信頼が生まれるのです。


「絆」の源とも言える信用、信頼は
共に築くまでには大変な努力や
時間を要しますが、失ったり、
消えてしまうのはホンの一瞬で無になり、
場合によっては繋がりを
断つ結果になりかねません。

信用の源は、
自分の日々の陰日なたの無い
努力精進と私心無い相手への
思いやりの心とその言動です。

その結果として信頼や絆が
生まれてくるのです。

即ち、信用は、
「信頼の礎」「信頼の原点」と言えるのです。
そして信用は信頼のプロセスの一つであり、
信頼はその結果で生まれます。

信用と信頼は魅力や感謝、感動、感銘
などと同様に、触合う相手に対し、
こちらから見返りや代償を求めたり、
望んだり、こちらから期待することではありません。


日々の努力や感謝や思い遣りのキャッチボールを
して行く内に、自然と作り上げられるのです。
そして、
このようなことの日々の積み重ねにより
「信頼の絆」が生まれます。
同時に、裏表のない、見返りを
求めない心の篭った思い遣りや
おもてなし心と行為は「信頼の礎」です。
これは過去の様々な人との触れ合いの
実体験で得た学びと知恵です。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す