思い出さなくていいアレ

記事
マネー・副業
例えば上がっているチャートを見た時、

「押し目を狙おう!」

とか思いますね。

けど、レートは一向に下がっては来ません。


そんなとき、

「そういえば、こないだもこんなことあったな・・・」

とか思い出しますね。


そうです。

グイグイ上昇していくレートを
歯ぎしりして泣きながらただ見ていた、
ついこないだのあの時のことです。


「上がるの分かってたのに!」

「もうちょっとだけ待ってただけなのに!」


そんな余計なことを思い出しちゃうもんだから、
普段使ってもいない根拠をひらめいて

「あ、これは押し目を作らずに行くヤツだった!」

と、いつの間にかロングしますね。


そうすると反転して下がりますね。

そうすると
「なんで入ったときばっか!!」
と怒り狂ってぶん投げますね。

そうするとまた上がるんですよね。

そして、「まさか!?」と思って監視カメラを探しますね。


ここまでが、トレードの一連の流れになります。


さらに言うと、次の日に
もう一度その場面を見てみると、
自分がぶん投げたポイントは
当初押し目買いを狙っていたポイントですね。

これこそトレードの醍醐味ですw


基本的に、"ひらめき"をあてにするのは
やめた方がいいです。

そのひらめきは大抵の場合
"感情"から来ています。

感情でするトレードは
基本負けます。


今までに"俺のひらめきトレード"で
どれだけの損失を出したかを
計算してみよう!

たぶん、
「うん。やめよう。」
と強く思えますw



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す