不動産を売却する際の流れとは!?基本的なポイントをご紹介!

記事
マネー・副業
一般的には、不動産の売買に何度も関わることは少なく、専門職でないと慣れている人はいないでしょう。スムーズに売却を済ませるために、事前に下調べや計画を練っておくことが重要。大きな金額の取引になるため、基本的な流れやポイントを覚えておきましょう。

不動産を売却するためのスムーズな流れとは!?

不動産の売却をする第一歩は、売却する理由を明確にしておくこと。
理由を明確にしたあとに売却が繋がるため、計画性と共にいくらで売りたいのかという計算も考えなくてはいけません。
スムーズに売却するための流れを見ていきましょう。

不動産売却の目的を明確にする
不動産の売却で良くある売却理由としては、結婚や子供ができたなどライフスタイルの変化が多いです。
子供が大きくなって間取りを広くしたい場合や、子供が巣立って間取りを小さくするケース、最近では都会から離れて地方に移住するケースも増加。
その理由によって、売却する際の「価格設定」や「いつ頃までに売却をしたいか」具体的なことが決まります。
このような目的や状況を整理して、不動産の売却や次の物件の選択も、スケジュールを進めることができます。
売却の意思が固まったら流れを把握する
売却する目的や次の物件のイメージが決まった後は、実際に売却になります。
売却エリアの物件相場を把握して、同じエリア、最寄り駅からの徒歩分数、築年数、平米数など物件情報収集を開始。
物件情報収集をしていくと、自分の物件がどれくらいで売れそうなのかわかってきます。
売却を依頼する不動産会社を選ぶ
不動産の売却するには、不動産仲介業者が必要です。
数多くの会社の中から、一番良い会社を選ぶのも非常に重要。
スムーズな売却のサポートや、経験豊富で親身に相談に乗ってくれる会社や担当者を探すために、複数の会社に声を掛けるのも良いでしょう。
仲介業者との契約。
不動産仲介業者と媒介契約を結びます。
契約方法は複数あり、今回の売却に適した方法で進めます。
不動産の売却開始
売却開始の際に最も重要なのが価格設定。
周辺相場価格を元に価格設定をするのが一般的です。
売却のペースにも関わるので、慎重に決めることが大切。
内覧・交渉
購入希望者から問い合わせがきたら物件の内覧です。
その際に価格や引き渡し条件など、交渉が来ることもあるので、どこまでが許容範囲か想定しておくと良いです。
重要事項説明や売買契約
不動産を引き渡す前に、物件に関する細かな情報を購入希望者へ開示。
物件の不具合や欠陥などは、後々のトラブルとなるので先に伝えておくことが大切です。
仲介業者立会いのもと、売買契約を結び契約完了となります。
最終的に物件の引き渡し。物件のカギ引き渡しが最終段階です。

不動産を売却する際の流れとは!?基本的なポイントまとめ

不動産の売却は、売却する目的や計画のイメージが重要です。
周辺相場を下調べした段階で、実際に自分のイメージに合う売却ができるか、見えてくる部分もあります。
売却をスムーズに行くために、ポイントを掴んでおきましょう!
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す