(音楽関連ブログ)これから楽曲をリリースする方々へ

記事
音声・音楽
こんばんは、ココナラでブログ機能が追加されたのを知ったので、生まれて初めてのブログを書こうかと思います。

まだココナラに本格的に参入してから日が浅い私ですが、そんな私にもたまに頂く質問があります。(おそらく出品経験の長い先輩方にも同じ様な質問が結構来ているかと想像してます。)
内容は、
『SpotifyやYouTube向けのマスタリングは可能ですか?』
と言った内容なんですが、、、

結論から言えば可能です(需要が多いならサービス出品しようかと思ってます、お気軽にご連絡ください)。
可能ですが、いくつか考えて欲しい点があります。

そもそもストリーミング配信に最適化されたマスタリングとは?

本題に入る前に、ストリーミング配信に最適化とはどう言う意味かを簡単に説明します。エンジニアの仕事に造詣の深くないアーティスト/ミュージシャンやビートメーカー等の方々にも理解していただきたい為、専門用語は避けてザックリ説明すると、現在の音楽ストリーミングサービス、SpotifyやApple Music、YouTube 等はラウドネスノーマライゼーションと言って、聴感上の音量感を一定にする為、LUFSと言う単位を使ってラウドネスの値をそれぞれの基準に揃えています。一部、Spotifyでは別な規格を用いていますが、それでも将来的には同じ方向に進むとアナウンスされています。

ラウドネスノーマライゼーション(自動音量調整)

自動音量調整は一視聴者にとって良い事です。
CDやMP3プレーヤーなどで音楽を聴く時に経験された方も多いと思いますが、『静かめのスタンダードジャズを聴いていて、次のハードロックになったら爆音だった』等経験者も多いかと思います。
この二つのジャンルを同じ音圧で調整する事は無い為、当たり前の事なんですが、普通にリスニングを楽しみたい人から見れば、いちいちボリューム調整をする必要が無くなる為、ノーマライズ(音量感の均一化)してくれるのは楽ですよね。

音圧競争の終わり?

これにより音圧競争にも終止符を打つ日がいずれ来ると予想されます。これも簡単に説明すると、音圧を詰め込まなくても同じ音量感にノーマライズされる為、よりダイナミックレンジが広く、聴いていて疲れない様にマスタリングした方が良い時代になってきたと言う事です。
例えば、YouTubeでは -14LUFS(int)と言う値にノーマライズされますが、それを波形で説明するとこうなります。

波形を見ると分かりやすい

波形1- これは俗に言う『音圧高め』の曲の波形です。
Screen Shot 2020-05-02 at 22.08.44.png
波形2- これをYouTubeにアップロードして再生すると再生時にノーマライズされ、この様に再生されます。単純にボリュームが落とされた感じですね。
Screen Shot 2020-05-02 at 22.14.40.png
波形3- どうせボリュームが落とされるのであれば、この方が良いじゃないかと。波形2も波形3も同じく -14LUFSのラウドネス値になりますが、波形だけ見ても波形3の方がダイナミックレンジが広く、より呼吸できる感じがしますよね?
Screen Shot 2020-04-29 at 21.18.51.png
実際に聴いても同じ音量感ですが、波形3の方が長時間聴いても疲れない筈です。

ストリーミング配信用にマスタリングを依頼する前に考えて欲しい事

さて、本題ですが。
良い事尽くめに見えるこのノーマライズですが、まだまだ完璧ではありません。むしろ完璧からは程遠いです。

まず一番の問題として、各プラットフォームの規格が統一してない事です。これに関しては、私も割とマジで
規格統一してからやれや (゚Д゚)ゴルァ! 
.....
って思っちゃいましたね。

さらには、SpotifyやらApple Musicにはノーマライズの入切を自分で設定出来ちゃうんです。SpotifyはデフォルトでノーマライズON、Apple MusicはデフォルトでOFFです。
これでどう言うことが起こるかと言うと、例えば貴方(Musician A)が、プロモ用のプレイリストを重要な人に送る際に、Spotifyのリンクを使ったとします。そしてMusician BはApple Musicのリンクを使ったとします。
すると、そのプレイリストを受け取った人がノーマライズに関して知らない人であれば、デフォルトで聴いた時に『Musician Bの方が音が良いね!』とか意味の分からない事になる可能性もあります。人の耳は音圧が高いモノをより良い音と認識(勘違い)してしまいがちなんです。

結論として

そこで、私はこの依頼・質問が来た時には大体の場合、この様に答えます。
『貴方の好きな音圧でマスタリングすべきです。』
もっと正確に言えば、
『貴方がターゲットとする音圧でマスタリングすべきです。』

正直、CDはともかくダウンロード販売の需要が消える事は無いと思いますし(少なくとも現状では)。
-14LUFSとかFxxkだぜ、って思う人も多いかと思います。
しかし、仮に貴方の客層がストリーミングメインで、Spotifyを聴いてくれる人が多い、とか客層をすでに把握している場合はそのプラットフォームに合わせたマスタリングをしても良いのかな、とは思います。


最後に

ごちゃごちゃ色々書いちゃいましたが、ぶっちゃけると自分が曲作って配信する場合はノリノリで音圧決めて、「歪んでなきゃいいや」位の軽い感じでやっております。
世の中そんなもんです。

いや、流石に仕事でご依頼頂いた場合は丁寧に説明した上でラウドネス値など決めてますよ。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す