【3ステップ】ボーカルが抜けるミックステク

記事
音声・音楽
初めまして、作編曲家・サウンドエンジニアの福市です!
今回は歌モノのメインである「ボーカル」のミックステクニックを「3ステップ」で紹介していきたいと思います!

■こんな方はぜひ一度試してみてください

・EQしてもボーカルがこもる
・主役のボーカルがオケに埋もれてしまう
・ボーカルをもう少し存在感のある音にしたい

■用意するもの

・メインのボーカルトラック
・Fxトラック(センドリターン用)
・ギターアンプエフェクト(DAW付属でも良い)
・リバーブエフェクト(DAW付属でも良い)

【ステップ1】
まず、
Fxトラック(センドリターン用)を1つ立ち上げ
・ギターアンプエフェクト
・リバーブエフェクト(Dry/Wet 100%)
の順番でエフェクトを追加してください

【ステップ2】
次に、
メインのボーカルトラックからFxトラックにボーカル信号を送ります。
この時、送る量はメインボーカルに対して「薄く」かかる程度に!
個人的なイメージでは、「メイン8.5:エフェクト1.5」程度のイメージです!
オンオフした時に若干存在感がプラスされた感じを目指します。

【ステップ3】
最後に、
・ギターアンプの種類や歪みの量など
・リバーブのタイプや長さなど
・センド量
を好みで微調整したり、色々実験したりしてください。
最初あまり分からない場合は、
・マーシャル系アンプの歪み多め
・ホールリバーブの立ち上げ初期値
・センド量を多めからどんどん減らして効果を確認しながら進める
から始めてみてください。

それでは今回は以上になります。
お疲れ様でした!


【お知らせ】
カラオケ製作や作編曲・作詞・ミックス・マスタリングなどの依頼を募集しております!気になる方は、DM・お見積もり等、ぜひ一度ご相談ください!




サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す