太陽電池電源水槽浄化システム(屋外用)を自作しました。

記事
コラム
 要は「金魚の水槽の水を濾過するのに汲み上げるモーターの電源に太陽電池を使っている」というだけですが、水槽を室内に置いている方々の参考になればと思い、記事にしてみました。地震で水槽が倒壊し、部屋中が汚水でべちゃべちゃ…ということがなくなります。電気代もかかりませんし、屋外に電源コンセントを置く必要がないので、雨などによるショートの心配もありません。

 我が家には夏祭りで子供がとった金魚2匹とドジョウ1匹が入った水槽が室内にあります。ポンプで水を汲み上げ交換式フィルターで汚れを除去するタイプの循環装置をつけていました。
 しかし埼玉の狭いマンションの上の方の階に住んでいるため、地震で揺れやすく、大きめの地震があれば水槽の水がこぼれることは容易に想像できます。実際震度3くらいでも水面が大きく波打って、端から水が飛び出したことがあります。
 現在共働きですから、留守中にもし大きな地震があって水槽が割れたら大変悲惨なことになるでしょう。家財道具には使えないものも出て来るかもしれませんし、水も金魚の糞が混ざっていると思うととても不潔です。かなり大掛かりな掃除が必要になります。

 金魚水槽はベランダに置きたいと思っていましたが、我が家のマンションのベランダには電源コンセントがないのです。しかし窓やエアコン室外機の穴からコンセントのケーブルを出すにも長すぎるし、虫が家の中に入る隙間ができてしまうことや、雨の時にコンセントがショートしないか不安があり、どうしたものかと考えていました。

 そこで太陽電池付きポンプを使った水槽の水汲み上げシステムを考えて自作しました。日が当たれば太陽電池が発電し、ポンプが動いて水を汲み上げ、自作のろ過装置(100均のプラスチック道具箱、綿、活性炭で作りました)に導水し、濾過して水槽に戻すのです。
 一番難しいのは太陽電池とポンプの組み合わせですが、幸いなことに現在はAmazon他色々なところで用途にあった太陽電池駆動型水汲ポンプが売っていて、(GY-D-0015 水中ポンプ ソーラーウォーターポンプ 庭噴水池 ソーラーパネルで省エネ 池でも使えるソーラー池ポンプ 1600円)を改造して水を汲み上げることに成功しました。いくつか商品があったのですが、急に故障するのが一番困りますから、レビューを読んで耐久力がありそうな商品を選びました。濾過システムは全部で2000円くらいでできました。
75DF53EA-FC5D-433C-9F11-E8A8ED0A5F40.jpeg
 購入した商品の太陽電池部分。
 これで水槽を外に置くことができました。大きな地震の時も家の中に水が溢れることはありませんし、電源も屋外で完結しているので、雨でショートしても機器が壊れるだけです。燃えるような部材もありません。安心して日々過ごすことができます。
 ベランダで水が熱くなりすぎないかなとも思ったのですが、ブルーベリーの木で遮光しているうえに循環しているので冷めやすく、水の気化熱で温度が上がらないようで安心しました。曇りの日でも十分発電できて水を循環できます。

 そもそもマンション住まいなら金魚を飼わなければいいのですが、私も妻も田舎育ちのため、家で金魚他いろいろ自由に飼っていた経験もあり、自分の子供たちにダメとはなかなか言えません。同じようにしてあげたいというのが夫婦の思いです。これから夏祭りの季節になります。子供たちはまた金魚すくいをしたいというでしょう。妻はもう少し大きな水槽にしようと言っています。

#太陽電池 #水槽 #地震で水槽が倒壊
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す