筆跡診断と筆跡鑑定の違い

記事
学び
こんにちは。
筆跡アナリストのはぴねすはんどです。

筆跡診断と筆跡鑑定は違います。

筆跡鑑定は、文書を書いた人が本人なのかを識別する作業です。

筆跡診断は、書いた字から、性格、考え方、行動傾向を分析するものです。

筆跡診断は、筆跡心理学という学問に基づいています。

ヨーロッパでは長い歴史のある学問で、日本でも研究が重ねられています。

筆跡診断が私たちの身近なものになっていくことを望んでいます。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す